カテゴリ:写真( 537 )

爽やかシリーズ その1




今日も過ごしやすい一日でした。
明日は雨模様の日曜日になりそうではありますが・・・

新緑が目に眩しい写真が少したまりましたので、小出しで
お目汚しをさせてもらおうかなと思っております。


この花の時期はとうに過ぎましたが、僕の大好きなモッコウバラでの1枚を。
f0049142_20082407.jpg
この頃何だかこの花の色が気になりだしまして、次に車を手に入れることが
できたなら、こんな色の車がいいなあと思っております。


ま、それは夢のような話な訳で、現実的にはこんな爽やかな黄色のシャツになりそうであります。




.

[PR]
by hiroki147 | 2018-05-12 20:13 | 写真 | Comments(2)

懲りないやつです





一昨年はILFORDのSFX200というフィルムで、
昨年はR-1という真っ赤かなフィルターを使用してのデジカメで、
それぞれ赤外線写真(風?)に挑戦してみたのですが、
結果はどちらも今一つでして、だったらあきらめりゃいいのに、
懲りないオヤヂなんです(^-^;

今年はR-72というケンコーから出ているデジカメでも赤外線写真が撮れる
という触れ込みのフィルターを使用しての再々チャレンジを昨日、名古屋は
栄の歩行者天国で挙行してきました。

結果は・・・

f0049142_19525115.jpg


ファインダー撮影では真っ黒っけけの何が何だかわからない状況でしたので、
ライブビューでの撮影を試してみました。
ちゃんと構図は取れました。ピントも赤外線の誤差はどうなっているのかは不明でしたが、
f8~11くらいに絞っているので、何処にも合っているように見えました(^-^;
ただ、シャッター速度は1/6~1/8で撮りましたので、注意していたにもかかわらず全体の
四分の一くらいはブレていてボツでした(笑)
→手振れ補正付きのボディ或いはレンズが必要です。三脚は持っていますが、邪魔なので嫌いです(笑)



結論としましては、まあキワモノと言いますか、魚眼レンズと同じように
インパクトはありますが、印象が強すぎるが故の飽きも早く来る気がしました。

絞りに依る描写の違いを楽しむことが難しいですからねえ。



せっかく手に入れたフィルターは勿体無いから、年に数回は出番を頼むことにしますか。





.





[PR]
by hiroki147 | 2018-04-23 20:12 | 写真 | Comments(2)

触発されて





f0049142_13121899.jpg
記憶を手繰ってみました。

カメラに興味を持ったきっかけは、ここで何度も書いてきましたが、
モーター・スポーツ(R32のGr.A)の写真を撮りたいからでした。

だからと言って、”忘れられない”のはGT-Rの写真ではなく(それは山ほどあるので
これ1枚と決められなくて)、実はこの写真なんです。


f0049142_13472665.jpg
アイルトン・セナが亡くなった1994年の7月に鈴鹿で行われた確かGr.A500kmでの
ピットウォークで撮ったと記憶しています。
梅雨時で風もなく、セナの旗もダラリと垂れ下がっていたのですが、”ここで風が吹いてくれないかなあ”と
思っていたら、願いが天に通じたのか一瞬だけ風がサーッとピット内を吹き抜けてくれて・・・
たった1枚だけシャッターを切ることができた想い出深い写真であります。



さて、モーター・スポーツの次はポートレートですね。
縁を持つ事ができた妻との写真は外せません。
何万枚と撮ってきましたからこれ1枚となると、これがなかなかに大変でして、動きものを撮るのが
好きな自分らしい写真と意味付けをして、この写真だなあと思いました。

f0049142_14062043.jpg
原版はフジのリアラエースでした。
はい、ネガですねえ。これは先のD850でデュープしたのですが、やはりすっごいシアン被りでして。
あれこれいじり倒しました(^-^;
これはもうモデルさんに感謝ですね。絶妙なタイミングでのれんをくぐって出てきてくれましたから。



そしてもう1枚。
f0049142_14122774.jpg
これは僕が撮った写真の中でモデルさんの思い出に残っている1枚だそうです。
原版は当時あったカラー現像の出来るモノクロフィルムです。(今もあるのか?)
これをD850で複製したらこんな具合になりました。
調子が眠かったので、トーンカーブをチョコチョコといじりました。
やっぱりモノクロは行けそうであります。


ACROSが無くなる前にもう少し買って置こうかなあ。




年をとると昔話をしたがるものです。
どうかご勘弁の程をm(_ _)m







.


[PR]
by hiroki147 | 2018-04-16 19:11 | 写真 | Comments(11)

遺産を活かせ?




先日、こんなモノを手に入れまして(^-^)

f0049142_16073140.jpg
はい、35mmフィルムをデュープするものですねえ。

何を今更と思われるでしょうが、D850には”ネガフィルムデジタイズ”なる機能がありまして。
ま、早い話がネガフィルムを読み込むと、それをポジ(陽画)に直してくれるということですね。

桜も散っちゃったことですから、まあ暇なので過去の名作を(笑)復活させてみようかなと思った次第。

早速ですが、結果は・・・

f0049142_16140397.jpg
明るさの補正はしていません。
する前に、このシアン被りを見て、やるだけ無駄だなと。
他のカットもやってみましたが、概ねこんな感じでした。
僕の手持ちのネガとは相性が良くなかった様であります。


ついでにモノクロネガもちょっと試してみたら・・・

f0049142_16170475.jpg
取り込んだだけです。何もしていません。
こちらは追い込んだら何とかなるかな。

自分のフラットベッドのフィルム・スキャナーでは、35mmフィルムはここまでのデータは取り込めないので、
これはこれで使えるかなと思っています。

FUJIのACROSが生産中止になってしまうので、もうモノクロフィルムでは遊べないなあと思っていましたが、
少しだけ先に光が見えてきた気がします。

ただ、輸入品のモノクロフィルムは高いですけどねえ(^-^;







.

[PR]
by hiroki147 | 2018-04-13 19:06 | 写真 | Comments(2)

桜は散ってしまったが・・・




今年は好天に恵まれたので、桜の木の下で何度か写真を撮ることができました。
続けてここに桜の下でのカットをアップするつもりでいたのですが、
前回メロンが飛び込んできちゃったので、少々遅れました(^-^;

f0049142_18245265.jpg
この時は散り始めだったので、うまくすれば花吹雪で行けるかなと目論んでおりました。
ま、目論見は外れるのが世の常(笑)
時折吹いてくれる風にハラハラと舞ってくる花びらを、モデルさんは頑張って手のひらに
受けてくれたのですが、ピントチェックをしたらほぼハズレ!
もう泣きたくなりました。
こんなんだったらMFで撮ればよかった。






.

[PR]
by hiroki147 | 2018-04-10 18:33 | 写真 | Comments(0)

ナゴリノサクラ






今年は長く楽しめた桜であります。
近所の桜はすっかり花を落として新緑の桜木と様相を変え、我らの目を
楽しませてくれています。
満開後一度も花散らしの雨に合わなかった年は、珍しいのではないかと思います。

今年も何箇所かで桜の木の下で撮影を楽しみましたが、記憶のための記録として・・・


f0049142_06075672.jpg



f0049142_06075635.jpg


f0049142_06082127.jpg



また、来年









.

[PR]
by hiroki147 | 2018-04-06 06:13 | 写真 | Comments(2)

月参りへ




毎月朔日は滋賀県の多賀大社にお参りに行っております。

今月は日曜日と重なり、お参りの人が多く境内がいつも以上に賑わっていました。
f0049142_16160539.jpg
今年は桜の開花が早くて、ここも枝垂れ桜が数本あるのですが、見事に満開になっていました。
こんな年はあまりないと思いますね。
良かった、良かった(^-^)


参拝を済ませた後、近くの小高い場所にある神社を訪れ、そこの東屋で妻の手作りお弁当を食べていたら、
遠くに桜並木が見えて、ちょっと行ってみたら地元の人らしき人達がお花見をされていました。

f0049142_16224879.jpg

f0049142_16230033.jpg
大声でどんちゃん騒ぎをするでもなく、時折ラジオから高校野球の中継なんかも聞こえてきたりして、
ほのぼのとした雰囲気に何だか正しいお花見だなあととっても嬉しい気持ちになりました。


こんな景色にまた出逢いたいですなあ。






.




[PR]
by hiroki147 | 2018-04-01 16:29 | 写真 | Comments(0)

大須に異国情緒を見る




たかだか数百メートルのアーケード2本のエリアなのに、
大須には世界各国の料理を楽しませてくれるお店がいくつもあります。

先日大きな地震があったばかりの台湾のお店。
余震やら雨やらで救助も大変なようですが、頑張っていただきたいです。
f0049142_06063369.jpg
このお店はいつも繁盛しています。
ここだけではなく大須内に複数店舗展開されて、大須の唐揚げブームの先駆者だと思います。


台湾からは新しくもう1店オープンされたようです。
f0049142_06090474.jpg
ショーロンタンパオ?
小籠包が湯(スープ)に入っているのでしょうか?
でしたら小籠包湯(ショウロンパオタン)になるのかな???
今度食べてみたいです(^-^)


ここも割と新しくオープンされたベトナムのお店。
f0049142_06135793.jpg
いつか行きたいと思っている国の一つです。
フォーでしょうか、皆さん美味しそうに食べていらっしゃいました。



f0049142_06162342.jpg
続いてインド・ネパール料理のお店。
隣国とは言え、一緒にしちゃっていいのかなあ(^-^;



世界三大料理の一つ、トルコ料理のお店です。
f0049142_06204743.jpg
トルコ料理のお店はもう一つファーストフードのお店もあります。
f0049142_06221310.jpg
こちらは大須内だけじゃなく、名古屋市東部にも昨年末オープンされましたねえ。
いつも人懐っこい笑顔で呼び込みをされています。
夏になると例の伸び〜るアイスクリームでパフォーマンスをやっていますねえ(^-^)



そして大須で一番有名かもしれない世界一のミラノ・ピッツアのお店。
f0049142_06272823.jpg
お値打ちで美味しいからいつも大行列であります。



最後に大須で開業されて二十年は経っている老舗中の老舗。
f0049142_06304130.jpg
鶏の丸焼きの美味しそうな匂いに誘われ、いつか食べてみたいと思いながら早十数年。
一羽丸ごとは一人では無理だな(笑)
ポルトガル語が外まで聞こえてきて、異国情緒満点のお店であります。




まだ見落としているお店があるかもしれません。
少し間が空くといつの間にやらお店が代わっていたりして、大須からは目が離せません。

インバウンドと言うのでしょうか、ここ大須にも外国からの旅行者が多く見られます。
日本らしくない(?)ところが彼らの気を引くのでしょうか。
そのあたりも大須の魅力です。










.

[PR]
by hiroki147 | 2018-02-08 06:45 | 写真 | Comments(2)

大須 節分の巻




今年も節分は大須観音へ!(^-^)

f0049142_15011902.jpg
好天に恵まれました。
青空に豆が映えます!


今年は土曜日ということもあって人出は多かったように思います。
どのお店も御繁盛で、よろしゅうございました。
f0049142_15094691.jpg

f0049142_15095709.jpg


毎年のように節分は大須観音に来ていますが、年々滞在時間が短くなっています(笑)
今年は何度も来襲している”数年に一度の寒波”(笑)の合間を縫って、暖かな日和でしたが、
どうも飽きが来たのかもしれません。




そんな中、衝撃的な出来事が!!
f0049142_15104868.jpg
f0049142_15105322.jpg
名古屋めしの雄である味噌カツ矢場とんの地元に、大阪から串カツの刺客が襲ってきました!
f0049142_15123914.jpg
節分のこの日オープンだったようです。
しかも大須観音の仁王門の真ん前に!

さてこの勝負の行方は如何に!!



(このお店をググってみたら、もう既に名古屋に数店舗もありました。調査不足であります ^-^;)






.

[PR]
by hiroki147 | 2018-02-06 19:28 | 写真 | Comments(0)

大変有意義な一日




今日は日頃懇意にしていただいているWさんより、内田ユキオさんの講演会があるから
いらっしゃいませんか?とお招きいただき、岐阜まで行ってきました。

年下ながら敬愛している内田さんのお話なら、きっとためになるお話をしていただけると
楽しみにしていましたら、自分が思っていた以上の中身のある内容でありまして、
これが無料だなんて何と勿体無いことと、帰宅してから仏様に手を合わせてしまいました。


いくつかお話をされたのですが、特に心に残ったのが”真っ直ぐな心を忘れない”と言う事と・・
f0049142_20300054.jpg


1枚の写真からいくつもの想像ができる写真を撮ることでした。
f0049142_20300403.jpg
因みにこの1枚のカットから数百ページの小説を起こすことができたというお話には、日頃一瞬で理解しうる
上辺だけの写真を撮っている自分には、頭をガン!となぐられた思いがしました。
この先、こんな写真が撮れる自信は全くありませんが、努力しない者に進歩はありません。

齢六十数年、無駄に過ごしてきた自分は、これからまた一から出直しであります。





.

[PR]
by hiroki147 | 2017-12-10 20:41 | 写真 | Comments(0)