時代遅れなやつですが、気になる物が・・・





先日ニコンが発表したミラーレス一眼用のレンズの中に、
凄いのがありましたねえ。

これです。
58mm f0.95ですって。
それにしてもこの巨大さはどう。58mmのくせに三脚座まで付いている。

昔、キヤノンのCANON 7というレンジファインダーに50mm f0.95ってありましたね。
今でも時折中古カメラ市場で見かけますが。
キヤノンはEOSシリーズにもEF 50mm f1.0がありました。技術力を見せつけようという
ことでしょうね。
ライカにもレンジファインダーですが、0.95や1.0があったような。
フォーサーズにも0.95はありますか?

となるとですね、技術のニコンとしては”今に見ておれ。マウント大きくした時には・・・”と
思っていたに違いない(ほんと?)
その意気込みがでか過ぎて、レンズが巨大になった・・・訳ないか。


それにしてもこのレンズは誰が使うの?
重さは何キロ?
お値段はおいくら万円?
と、興味はその写りより先に野次馬的な方に行ってしまうのは仕方がないかもしれません。


常識的な範囲で一番の大口径となれば、まあ50mmのイチニーでしょう。

そこで在庫の中からニコンのAi-s 50mm f1.2 (ノクトじゃありません)で撮ったカットを1枚。

f0049142_20555494.jpg
新しい0.95レンズにこの愛らしいグルグルボケは搭載されるのかなあ(^-^)







.

[PR]
by hiroki147 | 2018-08-25 21:02 | カメラ | Comments(4)
Commented by aitoyuuki13 at 2018-08-27 12:28
バックフォーカスの短さを利点にして
徹底的に収差を少なくしているはずなので
きっとグルグルボケは出ないでしょう^^;
Commented by yao at 2018-08-27 13:35 x
こんにちは
もうミラーレス全盛になるのに10年も掛からないかもしれませんね・・・。
連写速度やレンズ設計、内部構造を考えるとカメラの進化としては
間違いではないかもしれませんけど。
1眼レフで写真始めたものとしてはなんか寂しい気がしますね(^^;
Commented by hiroki147 at 2018-08-28 15:49
> aitoyuuki13さん

ああ、そうでしょうねえ。
今更あんなボケを出しちゃったら世間から・・・とは
容易に想像できますよね(笑)

そう言えばニコンには300mm f2なんて巨大なレンズがあったのを
思い出しました。
Commented by hiroki147 at 2018-08-28 15:55
> yaoさん

ファインダーがなくならないのを、切に願うばかりになるのでしょうか?
毛嫌いするのではなく、進化を横目で見ながら、これからも
ファインダーに目をくっつけていこうと思っています。
<< 開放第2弾 時代遅れなやつですね、やっぱり。 >>