大須に異国情緒を見る




たかだか数百メートルのアーケード2本のエリアなのに、
大須には世界各国の料理を楽しませてくれるお店がいくつもあります。

先日大きな地震があったばかりの台湾のお店。
余震やら雨やらで救助も大変なようですが、頑張っていただきたいです。
f0049142_06063369.jpg
このお店はいつも繁盛しています。
ここだけではなく大須内に複数店舗展開されて、大須の唐揚げブームの先駆者だと思います。


台湾からは新しくもう1店オープンされたようです。
f0049142_06090474.jpg
ショーロンタンパオ?
小籠包が湯(スープ)に入っているのでしょうか?
でしたら小籠包湯(ショウロンパオタン)になるのかな???
今度食べてみたいです(^-^)


ここも割と新しくオープンされたベトナムのお店。
f0049142_06135793.jpg
いつか行きたいと思っている国の一つです。
フォーでしょうか、皆さん美味しそうに食べていらっしゃいました。



f0049142_06162342.jpg
続いてインド・ネパール料理のお店。
隣国とは言え、一緒にしちゃっていいのかなあ(^-^;



世界三大料理の一つ、トルコ料理のお店です。
f0049142_06204743.jpg
トルコ料理のお店はもう一つファーストフードのお店もあります。
f0049142_06221310.jpg
こちらは大須内だけじゃなく、名古屋市東部にも昨年末オープンされましたねえ。
いつも人懐っこい笑顔で呼び込みをされています。
夏になると例の伸び〜るアイスクリームでパフォーマンスをやっていますねえ(^-^)



そして大須で一番有名かもしれない世界一のミラノ・ピッツアのお店。
f0049142_06272823.jpg
お値打ちで美味しいからいつも大行列であります。



最後に大須で開業されて二十年は経っている老舗中の老舗。
f0049142_06304130.jpg
鶏の丸焼きの美味しそうな匂いに誘われ、いつか食べてみたいと思いながら早十数年。
一羽丸ごとは一人では無理だな(笑)
ポルトガル語が外まで聞こえてきて、異国情緒満点のお店であります。




まだ見落としているお店があるかもしれません。
少し間が空くといつの間にやらお店が代わっていたりして、大須からは目が離せません。

インバウンドと言うのでしょうか、ここ大須にも外国からの旅行者が多く見られます。
日本らしくない(?)ところが彼らの気を引くのでしょうか。
そのあたりも大須の魅力です。










.

[PR]
by hiroki147 | 2018-02-08 06:45 | 写真 | Comments(2)
Commented by aitoyuuki32 at 2018-02-08 12:32
カレー店、なんでも最近はネパールのコックが多いとか
インドで修行して日本にたくさんやってきているそうです

ですのでネパール料理では無く
ほぼインド料理らしいです^^
Commented by hiroki147 at 2018-02-08 19:32
> aitoyuuki32さん

そうなんですか。
日本人は隣国と接していないので、そのあたりの文化の交流と言いますか、
人の流れみたいなものを意識してしまいますね。
<< こんなものを買ってみた(^-^) 大須 節分の巻 >>