50デブのその後 追記アリ





昨年の夏の終わり頃に手に入れたEF 50/1.2Lですが、ポートレート撮影専用という位置付けで、
月に一回くらいの割合で出動をさせてきました。


f0049142_19444244.jpg

先日、今年の初撮影で使ったところ、まあ目も当てられないくらいのピント外しの大量生産でして。

それまでは寄っても精々ウエストアップくらいのちょい絞り(f1.8~2.0)でしたが、
先日はf1.2~1.4でかなり寄っての顔のどアップを30枚ばかり撮りまして。
結果はそれらの殆どが奥の目にピントが行ってまして。ええ、現場でモニターはチェックしたんです。
あれ?ちょっと外してるなあとは思いつつ、AFで合焦後身体の微調整で対処したつもりでしたが、
何しろピントの山がつかみ難いわが愛機。そんな涙ぐましい(?)努力も無駄に終わりのピンぼけの嵐(泣)
それまでは被写界深度の中に収まっていたのか、気づかなかったんですねえ。

早速、ネットからピントチェックの情報を頂き、こんなモノを作ってみました。
f0049142_19560448.jpg

数字の”0”のところにAFポイントを合わせて撮ったら、ピントは見事にカリッと奥の”+1"のところに来てました(笑)

カメラ本体に内蔵されているマイクロアジャストメントを使用して少しずつ調整を繰り返し、何とか"−2"で折り合いを
付けましたが、本音はもう少し手前に持ってきたかったです。ただ、これ以上は調整不可なので仕方ありません。

まだ実戦投入しておりませんが、これで行けるのかなあ。


やっぱり僕はMFで撮れるカメラがいいなあ。



<追記>

あの後、2~3mの距離で試し撮りをしてみたところ、全くピントが取れていませんでした。
どうやら、最短近くでのみ後ピンになるようです。だからマイクロアジャストメントの設定を元に戻しました。
この件に対してどうしたらよいのかわからないので、近々サービスセンターにでも持ち込んでみようと思ってます。




.

[PR]
by hiroki147 | 2018-01-09 20:18 | カメラ | Comments(2)
Commented by GX_hono-masu at 2018-01-10 20:56
このレンズ、私は手放してしまいましたが、
f1.2の独特のボケを使うべきということで、必ず開放で撮ってました。

5Dmk2との時は緑色の被写体(新緑とか)で後ピンが強く出ていました。
その頃は、このレンズはピント合わせの特性を熟知して使わないといかんなぁって思って撮っていました。

1DXや6Dでは悩まされたことはなかったです。
Commented by hiroki147 at 2018-01-11 19:10
> GX_hono-masuさん

お持ちでしたか(^-^)

確かに独特のボケ方をしますねえ。
昔の大口径レンズにはクセ玉と言いましょうか、ジャジャ馬なレンズが色々有りましたね。
昨今の開放からシャープなレンズは、何だか個性が感じられないので、こんなクセ玉が
僕は好きです。
<< 天気晴朗なれど、外寒し 今日も寒かったですねえ。 >>