餃子だ・・・

今夜は餃子をリクエストして作ってもらいました。
写真の盛りつけは僕が雑にやってしまったので、
見栄えが悪いです。だって、早く食べたかったんだよ。

何でも餃子は完全食とか。
でんぷん、タンパク質、脂肪の三大栄養素の他、
ニラのビタミンAや豚肉のビタミンB群などもあるらしいから。
その他にもあるのでしょうが、ここではカット。

食べ過ぎによる塩分と油分の摂り過ぎに気を付ければいい。

皆さんは餃子に何をつけますか? 
ラー油派が多いのかな。
僕はポン酢。辛いのが苦手なので。
中国人の義理の弟は餃子そのものにはニンニクを入れずに、
醤油と酢のタレに豆板醤と刻んだニンニクをウソ!と言うくらい入れて
食べてます。僕も真似をして食べてみましたが、翌日が大変でした。

”手前味噌”と言う言葉がありますが、”手前餃子”もありそうですね。

f0049142_2225289.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-02-06 22:26 | | Comments(0)

「ミュンヘン」

1972年のミュンヘン・オリンピックで起きたPLOによる
イスラエル選手人質事件を題材にした映画。

お互いに血を流して、祖国を奪われた者と長い間の放浪の果てに
祖国を作った者同士は、まだ血を流している。
愛する家族の為に、また祖国の為とは言え、血を流し続けることは
果たして正しい事なのでしょうか。

劇中、西ドイツの赤軍に扮したイスラエルの暗殺者とPLOの
若い戦士の会話に 
  「(イスラエルとの戦いは)もう無駄ではないか」
  「子や孫の代になっても取り返す。他の国は何千年もかかって
    国を作ってきたではないか」 と。

何とも難しい問題です。

スピルバーグはイスラエルの暗殺者を通じて、血を流す事の
虚しさを訴えようとしたのですが・・・・・・

この映画を作ったのは ”DreamWorks"
 
[PR]
# by hiroki147 | 2006-02-04 18:57 | 映画 | Comments(1)

07年からF-1はFUJI?  SUZUKAはどうなる?

レースの結果は思うようにはならないようだけど、
それ以外のことはキチンと計画通りに着々と進めて行く。
流石にトヨタ。”カンバン方式”をここでも発揮したのか?
箔を付けるためにも今年はしゃにむに優勝を目指すのでしょうね。

で、そうなると気になるのは鈴鹿。
1国1レースの決まりみたいなのがあるようなので、
”鈴鹿でも開催”の望みは期待薄?

今年はSUPER・AGURIの純日本(?)チームが参戦するので、
”最後の鈴鹿でのF-1"を見に行きましょうか。

しかし、moto-GPもF-1も宿泊を気にせず、”通勤”で行けた
ことは本当に幸運なことだったと改めて思うのです。
それに鈴鹿では写真も教えてもらったし、友達も沢山できました。
  
        鈴鹿に感謝!


f0049142_175142.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-02-02 17:51 | レース | Comments(0)

GT-R! Z432! S20!!! vol.2

仮定形でものを言ってはいけないですが、
もし、S20が現代に復活されたら・・・
と、思ったことはありませんか?

僕のもう1つ好きな”カメラ”。
その中でも特に好きな”ライカ”はその当時の”まんま”では
ないですが、かなり”近い”姿で復活しているように思います。

息も絶え絶えのライカと、復活した日産を同列に語っては
いけないのでしょうが、ノスタルジック・おやじには同じなんだよ!

でも、プリウスにブチ抜かれる?

f0049142_20352835.jpg
f0049142_20354113.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-30 20:37 | | Comments(0)

GT-R ! Z432 ! S20 !!!

まさにノスタルジック・カー。懐かしさでいっぱい。
SOLEXのあの吸気音が聞こえてきそうでした。
あれからGT-Rの復活はあったけど、432は・・・。
4ヴァルブもツインカムも今じゃ普通。
3キャブとなったら、キャブレター自体がもうない。
ネーミングにこじつけができなかったから復活がなかったのか?
個人的には432の方が好きだったな。

f0049142_16564221.jpg
f0049142_1656572.jpg
f0049142_16571283.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-29 17:05 | | Comments(0)

最近思うこと

人物写真は難しいなということ。
世間一般でいうところの”ポートレート”って殆どが
女性を撮ったもの。それも若い女性が多い。
変なこだわりかもしれないけど、あの手の写真は
ポートレートじゃなくて、お人形さんを撮ってるのと
同じかなと思う。

今朝のある朝刊に「一度は見てみたい名画」という
ランキングがあって、1位は”モナリザ”。
これぞポートレートかなと。

最近、”お人形さん写真”も不調なので、ただ毒づいてる
だけなのかな。
f0049142_1844566.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-28 18:44 | 写真 | Comments(0)

アンセル・アダムズの写真展・・・

名古屋ボストン美術館でこの21日から開かれている
「アメリカ近代写真のパイオニア」を見て来ました。

第1弾がアンセル・アダムズ(1月21日〜4月2日)
第2弾はアルフレッド・スティーグリッツ(4月8日〜6月7日)
第3弾はエドワード・ウェストン(6月17日〜8月27日)

オリジナルのプリントを見る機会など名古屋ではそうそうに
あるものではないので、とても楽しみにしてました。

キリキリに絞り込まれた鮮鋭さはもう息をのむほどに圧倒的で、
”黒の中の黒” ”白の中の白”が見事に表現されていて、
モノクロ写真の素晴らしさを再認識させられました。

昨今、デジカメが猛威を振るっておりますが、階調の深さに
起因する立体感の表現には銀塩の足下に及ぶべくもないのは
明白であります。また、データの保存性にも問題ありです。

環境問題やカメラ・メーカーの姿勢などから、アナログ写真の
お先は真っ黒ですが、銀塩写真をあっさりと見限るのはやめたい
ものです。

せめて趣味の世界はゆっくりと楽しむのがいいかと思います。

f0049142_186876.jpg
f0049142_1862247.jpg

[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-25 18:07 | 写真 | Comments(0)

大原美術館展に行ってきました

岡崎市の岡崎美術博物館で催されている
”大原美術館展”に行ってみました。
大原美術館は数十年前に修学旅行で行ったきりで、
最近になって、また行ってみたいなと思うようになって。
その頃は絵画に全く興味がなかったので”ただ行った”
と言う記憶だけ。今思えばもったいないことをしたものだ。

それにしても昨今の美術館ブームはどうですか。 
今日もビックリの大盛況。それも加齢臭の漂ってきそうな
世代の人達ばかり。

皆”もったいない”と思った人達ばかりかな。f0049142_22113680.jpg
f0049142_2213237.jpg
f0049142_22132511.jpg
[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-22 22:20 | 美術館

自己紹介

何かの縁でここへ導かれて来てしまった方々・・・
のぞいてくれてどうもありがとう。
20代30代を飲食業界でのたうち回り、
40代は不動産業界でバブルの嵐に翻弄されて、
50代の今は半ば隠居状態。
趣味の写真を中心に日々思う事、感じる事なども
書き綴って行きます。

さて、何から始めようか・・・
[PR]
# by hiroki147 | 2006-01-22 11:32 | 自己紹介