<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

SANPO de  SNAP

天気予報で”晴れて来る”と言ってたので、5Dに50mm1本だけ持って
近所をちょっとブラッとしてきました。慣れの問題かもしれないけど、
スナップにはもうちょっと広角が使いやすいかな。寄る事はできたけど、
引くのは難しかった。
ボディはレンジファインダーより5Dの方が遥かに使いやすかった。
ピントは速いし、露出も楽チン。シャッター・ストロークがもう少し浅くて、
カメラの”質”ももう少し良ければいいのだが。

ま、SANPOが主なのか、SNAPが主なのかによって違うのは当然だが。


f0049142_21265284.jpg

f0049142_21274570.jpg

f0049142_21294366.jpg

f0049142_21302088.jpg


f0049142_2131837.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-29 21:43 | Comments(6)

魯山人ほか色々・・・

今評判の映画を見てきました。
「ダヴィンチ・コード」
”鰯の頭も信心”の民族にはちょっと難しい内容かもしれません。
特に日本史専攻だった自分には。そうは言っても、その日本にも
宗教の弾圧はあったわけで、あまり書くとまだ見てない人の邪魔に
なるからやめますが、よくできたミステリーだとは思います。
2時間半一気に見せられましたから。

「ナイロビの蜂」
壮烈なラブストーリーでした。妻の不可解な死を契機に妻への愛に
目覚める夫。今でも行われているかもしれない人種差別をストーリーに
絡ませて、なかなか見応えのある作品でした。

映画を見ていつも思うこと。
               
          ”目は口以上にものを言う”

なのに、今月のあるカメラ雑誌で「表情が弱い」と言われてしまいました。
”いつも思ってる”のにすぐに忘れてしまうんです。

最後に魯山人。
僕の大好きな芸術家。その存在を知って早30年近く経ちます。
作品展があると知れば、大阪でも奈良でも東京でも横浜でも行きました。
それだけの為に。家の近くの料亭にも魯山人の濡額が門に掲げられてます。
濡額以外に書も絵も陶芸も料理もこなすスーパー芸術家ですが、
一番有名なのはやはり陶芸でしょう。この人のは使う為のものであったから、
ある種民芸と言えると思います。だからか器に料理やら果物やらが盛られると
途端に光を放ちます。
本によれば個性的な人物であったため、理解者があまりいなくて寂しい
晩年だったようで、それが作品にも現れてる気がします。
ちょっと作り過ぎたか?

今日のは晩年の作が多いような・・・





f0049142_0294478.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-28 00:31 | 美術館 | Comments(0)

おお、似合わねぇ。

何年振りかにお花の写真なんかを撮ってみました。
写真を始めたばかりの頃に、師匠から「何でも撮らなきゃダメだよ」と
言われて、面白くないな、こんなのジジイになってから撮りゃいいんだと、
2~3回撮ってやめて以来。
ってえことは、ジジイになったってえことなの?

f0049142_23454655.jpg
f0049142_2346179.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-27 23:47 | 写真 | Comments(0)

やってしまった!

前回交換してから3年。警戒してたんです、そろそろかなと。
でも、元気よく始動してくれてたら油断しました。
今朝も一発でブルンブルンと。
そしたらきちゃいました。バッテリー上がり・・・。

最近のは家庭用の充電器では始動できないんですね。
結局JAFのお世話になりました。この車で2回目。
学習能力がないなあ。
[PR]
by hiroki147 | 2006-05-27 18:51 | | Comments(0)

久しぶりに晴れましたね

昨日今日とやっと5月らしい天気になりました。
例年なら黄金週間明けあたりからいわゆる五月晴れになって、
1年で1番過ごしやすい陽気になるのに、今年は早、梅雨か?
と思わされる日が続きましたね。

で、陽気に誘われてちょっと出かけてみました。
絵だけ見てもらうと、どこか高原のように見えませんか?
でもここは、もうすぐ世界で1番の自動車メーカーになるかも
しれない会社のある街です。

この街は”平成の大合併”で会社と同じように超巨大な街になりました。

f0049142_2154273.jpg
f0049142_2155831.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-22 21:07 | 写真 | Comments(4)

これ、なあんだ?

f0049142_2050157.jpg
f0049142_20501530.jpg
f0049142_20502930.jpg
f0049142_20504335.jpg
f0049142_20505725.jpg


お酒の飲めない人には理解してもらえないかもしれません。
1cm立方くらいの大きさで2時間近く遠く沖縄を思いながら楽しめますです、
ハイ。

この食べ物を”発見”した人は凄い。”発明”と言ってもいいかもしれない。

にしても、先人の知恵と勇気は素晴らしい。
ウニを最初に食べた人。
ナマコも・・・。フグの卵巣の塩漬けも・・・

期間中にもう1回買いだめに行かなくてはなりません。

海ぶどうも美味しいです、ハイ。

食のワンダーランドの名古屋人も参る沖縄は正に噂通りの竜宮城です。
[PR]
by hiroki147 | 2006-05-17 21:03 | | Comments(8)

チェルノブイリ20周年写真展を見て

フォトジャーナリストの広河隆一さんが撮られた49回にも渡るチェルノブイリ
での取材写真約100点が展示されていました。
会場が少し狭いということもあるのでしょうが、場内に入った瞬間の異様とも
思える熱気にまず驚かされ、それが伏線となって次に何が襲ってくるのか?と
身構えた瞬間、目に飛び込んできたウムをも言わせぬ衝撃の写真の数々。
圧倒されました。
チェルノブイリでの悲惨な出来事は充分に知っていたつもりでしたが、
広河さんの写真は”何も知っていなかった”と伝えてくれました。

実は広河さんの写真展を見るのは今回で2度目。前回はアフガニスタンの
難民キャンプの写真展でした。子供を亡くした母の表情に惹かれて・・・

写真の使命はいろいろあるのでしょうが、その瞬間を忠実に知らしめることが
第一だと思う。と、思っていた事を今回、改めて感じさせられた写真展でした。
[PR]
by hiroki147 | 2006-05-15 19:16 | 写真 | Comments(0)

ルオーとシロノワールだ!

ルオーを見て、シロノワール(ルノワールではない)を食べました。

こんなに沢山のルオーを見たのは初めてです。
輪郭がブッとい相変わらずの迫力に圧倒されながらも、
その迫力の中に繊細さも見いだす事ができて幸せでした。

ルオー展からの帰り道で、久しぶりのシロノワールも食べる事ができて、
これまた幸せでした。

※シロノワール
名古屋で知らない人はいないと言うくらい超有名な喫茶店「コメダ珈琲店」
ここの名物のパン?ケーキ? 要するにお菓子です。暖かいパン?の上に
何故か冷たいソフトクリーム。そして今時流行らない真っ赤なチェリー。
どうです、この不思議さ。
このシロノワールを開発していたとき何を隠そう僕はそのコメダ珈琲店で
働いてました。もう30年も前の話です。
それにしてもシロノワールって凄いロングセラーだな。

でっ、食のワンダーランド名古屋名物の次の一手は
天むす→櫃まぶし→味噌カツ→手羽先と来て、シロノワールか?
はたまた味仙の台湾ラーメンか?



f0049142_1782292.jpg
f0049142_1783318.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-08 17:24 | 美術館 | Comments(2)

休日の朝

今年は珍しくよい天気が続いたGW。
連休最後の今日は予報通りの雨。
こんな日は明日からの仕事に備え”休みの疲れを取る”のがいいのでしょうね。

カレンダーを見たら今年は5連休だった。どうせ混むからと、GWに遊ぶと言う
感覚が今迄なかったのに、5連休と言われて直前になって何かをしなくてはと焦りだし、
ちょっと郊外へドライブをして、ちょっと街へ買い物に出て、写真もちょっと撮って、
その間に誕生日を迎えました。

おお、小市民。


f0049142_115538.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-05-07 11:28 | 写真 | Comments(0)

24-105の続き

周辺光量がドーンと落ちるあの24-105/4.0L ISのその後です。
あれからサービスにもお客様相談室にも件の写真を見せながら
CANONの見解を問い合わせてみました。
結論から言えば、きちんと検証もせずにその場で「異常なし」。
そうかなあ。おかしいと思うからこそ持ち込んだのに。

”大男、総身に知恵が周りかね”

末端ユーザーの意見が吸い上げられないメーカーは倒れかねません。
昔のNIKONはこうでした。

「すぐに対処します」と言う答えは入りません。
ただ、最前線で声をせき止めてしまう姿勢は如何なものかと。
細かなことをグダグダと言うやつらが多いのもいけないのですが。

この24-105はスペックに焦りが感じられます。何も無理に24ミリにしなくても。
できないのなら28ミリでいいでしょ。

ニコンのD200がメガピクセルを無理して出してこけたのに対して、30Dで
「無理しませんでした」とわざわざコメントをしたのをみて、CANONはまだまだ
大人になりきれてないなと感じました。
デジタルになってからのCANONは少し焦ってますな。

”急いては事を為損じる”
会社の成長もドッグイヤーになりませんように。
[PR]
by hiroki147 | 2006-05-04 22:19 | 写真 | Comments(0)