<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最近の悩み事

デジカメのダイナミックレンジの狭さ。所謂、階調ですな。
ものの本に依れば、ネガより狭いポジより更に狭いとか。
でもって、観音社より更に狭いと巷間言われている我らが日光社。
逆光ギラリが大好きな自分にとって、これはもう致命的と言っても
いいかも。極たまに、超狭い範囲の中に収まってくれることがあるけれど、
殆どが黄色い帯を伴って、ポーンと白く飛んじゃってくれる。ソフトで
云々と言ってくれるけど、だったらカメラ本体でやってよと。
なのにその本体に惚れた弱み、って言うか、観音社のあの1D系の
”タコ焼きヘッド”(ほら、ほっぺたを親指と人差し指で輪っかにして、
「タコ焼きーっ!」って・・・。あれに似てませんか? 1Dユーザーの方々
ゴメンなさい!) がどうも受け付けなくて。1→1Nと観音社ユーザーだった
のに、"V"から”5”に鞍替えしてしまいました。

 今はちょっと後悔中。

観音社の”5”というのがありますね・・・

日光党危うし!!
次回を乞う、ご期待!!!
                                    って、何のこっちゃ。
[PR]
by hiroki147 | 2006-03-29 18:13 | 写真 | Comments(3)

琵琶湖へ・・・

やっと春らしい陽気になったので、その陽気に誘われて琵琶湖方面に出かけました。
同じように陽気に誘われた人が多かったのか、名神高速に乗ろうとしたら、
渋滞25kmの表示にあわててルート変更をして東名阪経由で滋賀県に向かった。
途中、近江八幡で近江牛を食べ、湖を左に見ながら長浜方面へ走った。
西の空に傾きかけている太陽が湖面にキラキラと光り、その先に雪を頂きに
かぶった山々が見えて、何だか日本じゃなくヨーロッパのよう、と、助手席の
彼女が言ってました。

長浜から尾上温泉にかけての”さざなみ街道”沿いの夕日は美しいです。

f0049142_22232343.jpg
f0049142_22233898.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-25 22:23 | 旅行 | Comments(0)

木村伊兵衛と土門拳

昨晩、NHK教育のETVで木村伊兵衛を取り上げていた。
昨今の昭和ブームを受けてのことだろう。

過去に何度も雑誌や作品展などで写真を見た事があったが、言動や風貌が
あまり好きな写真家ではなかったので、どうしても斜めから写真を見てしまっていたが、昨日のTVで少し印象が変わった。その変化のきっかけは氏の
コンタクト・プリント。とても軽やかに撮ってある。写真を見て、気持ちいいなと思わされてしまった。
名作と言われているカットでも前後に精々数カット撮ってあるだけ。
”ここで傑作をものにする”と言うような執着心みたいなものは全く感じられない。
飄々と居合い切り。
それと共に写真の雰囲気がいいなと感じたこと。所謂”空気感”と言われている
のはこういうものかなと。それはどのカットも対象となる人物の視線が来ていないからだとTVの解説は言っていた。なるほどそうなのか、この気持ちのよさは。

この木村伊兵衛と並び称せられるもう1人の雄の土門拳。
僕はこの人の方が圧倒的に好きだった。気持ちよいほどに被写体に執着する。
無機質な仏像の写真から生命力さえ感じさせる存在感には息を呑む。
合わせて集中力と瞬発力。「昭和の子供達」の中に見られるAFも連写もできない
レンジ・ファインダーカメラで捉えた決定的瞬間な写真。正に一発必中とはこのことと思わされる。もうお見事としか言えない。

デジカメ全盛のこの時代に両氏が蘇ったら・・・

木村さんは : 「デジタルのような”空気”の写らないカメラはいけません。
         粋ではないです」と相変わらずLEICAかな。

土門さんは : 「何だ!35mmでこの鮮鋭さは」とD2Xで連写しまくりかな。
[PR]
by hiroki147 | 2006-03-19 18:26 | 写真 | Comments(0)

WBC

”WBC”
と言ってもボクシングではないです。今、アメリカで行われている
ワールド・ベースボール・クラシックのことです。

優勝候補ナンバーワンのアメリカがこけてくれたから手に入った
準決勝の切符だけど、何だかイマイチ盛り上がらないように思うのは
僕だけでしょうか。
その理由を考えるに、まずプロ野球人気の凋落にあるのは間違いないことで、
それ以外にも何故松井秀喜は出ないのとか、城島は?井口は?となって、
そこが今回アメリカがコロッと負けた理由にもつながるようで、彼の地でも
いま一つメジャーが協力的じゃないとか。
一昨年のアテネ・オリンピックの野球日本代表の時も同じようなものだったな。
資本主義の国では仕方がないのかな。

対して、予選で日本に2回勝ったお隣の韓国は、サッカーのワールド・カップの
時にもそうだったように、全国民がまとまりやすい国民性で、今回も国内の
プロ野球人気がイマイチな割には快進撃も手伝ってか、もの凄い盛り上がりの
ようでちょっと羨ましい。

その反面、”まとまる怖さ”も少し感じる。

さて、明日の準決勝。三度目の正直か、それとも二度あることは三度か・・・
[PR]
by hiroki147 | 2006-03-18 20:14 | スポーツ | Comments(0)

モノクロの続き・・・

昔は写真は殆ど白黒(”モノクロ”と語感が似てるのは絶妙)だったけど、
今は白黒は趣味の世界。(カラーフイルムもか?)
フイルムだけじゃなく、白黒用印画紙の月光も生産中止になってしまった。
とは言っても僕は使ってなかったんだけど。

パソコンでのモノクロはおおい焼きも焼き込みも何回失敗しても全然平気だし、
ホコリも全く心配ないから超快適な暗室作業だけど、前回も書いたように
純黒調にならないんだよな。

E社から昨年、黒が2色あるインクジェット・プリンターが出たので、
気になってテストプリントを見たら、確かに今迄のプリンターの中では一番
いいなとは思ったけど、まだ”モノクロ風”だった。
この夏にC社から待望の(?)顔料プリンターがE社と同じように黒を2色積んで
出るようだけど、どうなのかな。

子供の頃通っていた絵画教室で一番好きだったのはデッサンだった。




f0049142_2154713.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-16 21:08 | 写真 | Comments(2)

天ぷらを食べた

学生時代の友人の所へ天ぷらを食べに行った。
名古屋では結構有名なお店。

お決まりのさいまき海老から始まり、キス、細魚、稚鮎、イカ、穴子、
カボチャ、小たまねぎ、ナス、丸十、たらの芽、貝柱、海老サンド、
で、最後に天茶。

いやあ、うまかった。何でも美味しかったけど、特に海老だな。
小さめのさいまき。頭はもう何個でも食べたい。これ以上の香ばしい
食べ物はないだろうと思う。
チャップリンは300匹(だったかな)食べたとか・・・。

この日は春なのに雪がチラつくような天気だったけど、天ぷらが
熱々で、カボチャや丸十(サツマイモの事。八百屋さんの隠語。薩摩の
お殿様の島津家の家紋が◯に十文字だかららしい)などは前歯が熱く
なったほどで、天ぷらで暖まるとは思わなかった。

天ぷらにつけるものは塩と天つゆとあるけれど、僕は殆ど塩。
素材の味がよくわかるからね。それとビール。口の中の油を流して
くれるからね。

湯気も香りも何もかもが御馳走でした。

やっぱり天ぷらは揚げたてに限る。

f0049142_2241264.jpg


f0049142_2242955.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-14 22:05 | | Comments(0)

吹雪だ!

昼間の突然の吹雪。
20℃にも届かんとする日があったと思ったらこの吹雪。
いやあ老体には堪えます、この寒暖の差は。
それにしても、ベランダから「いやに空が暗いな」と見ていたら、
周りがあっという間に真っ白。
たまたま室内にいたから余裕があったけど、これが山の中など
だったりしたらと思うと、改めて自然は恐ろしいなと思わされる。

f0049142_2139316.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-14 21:47 | 写真 | Comments(0)

モノクロ写真・・・

初めて写真機なるものを手にしたのは、半世紀近くも昔の小学生の時。
FUJIが出していた”フジペット”というしろもの。記憶が定かではないが、
露出はお天気マークが3つくらいあって、それに合わせて、シャッターは
レンズの両サイドに”1””2”と書かれた三角のレバー様のものがあって、
それを順に押すとシャッターが切れたのははっきりと覚えてる。フイルムは
でかかったような気がするからブローニーだったのかな。

自分でフイルムが装填できなくて、いつもカメラ屋さんでお世話になっていた
ので、その当時住んでいた横浜から名古屋の郊外に引っ越したのを機に
使えなくなってしまった。

次にカメラが自分の前に現れるのは数年後の中学生の時。親を騙して買わせた
ミノルタのSR-T101。世界で初めて分割測光(上下2分割だけど)を取り入れた
カメラだったと思う。これに55mmF1.7をつけて何でも撮った。
フイルムはネオパンSSかトライX。カラーもあったけど、そんなもの高くて
とても手が出ない。
このモノクロをガソリンスタンドをやってる友達の家で毎週末現像。店員さん用の少し広めの台所があって便利だったんです。窓に暗幕を貼って、ここでもう
1人の友達と3人でワーワーと言いながらプリントもして、夏は暑くて冬寒く、
でも楽しかった。
こんな状況が3年も続いたでしょうか。あのまま写真を続けていたら、今頃は
きっと・・・
(と、皆さんも空想に耽る事はないですか?)

それから空白が30年ほどあって、今。

いやあ便利な世の中になったものです。モノクロが”明るい暗室”でできるん
ですから。本物のモノクロプリントにはまだまだ足下にも及ばないが、
そこそこの線まではきたかな。だけどモニターではいい感じに見えても、
いざプリントをするとアリャリャと言うことに。プリント用紙に色がついて
いるのでしょうか、青っぽくなったり、緑にころんだり。
今は出てきたプリントを見て、強引に力技で無茶してます。

どこかモノクロ用の用紙を出してくれないかな。需要があまりないのかな。



f0049142_18334958.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-13 18:41 | 写真 | Comments(1)

昨晩飛び込んできたトップニュース

鈴鹿でのF-1は今年で最後かもと思っていたら、FIAのバーニーちゃんが
「日本で2回やるよ」って言ってくれた。まだ本決まりではないようだが、
かなり期待している。ちょっと嬉しい。年間2戦になって、鈴鹿でのF-1が
ちょっと空いてくれれば尚嬉しい。本当は鈴鹿側の設備の問題なんだけど。

だけど、”年間20戦したい”とも。
貧乏チームから反対が出そうだな。

FIAはオイル・マネーやらチャイナ・マネーがワンサカ入ってくる算段かな。
[PR]
by hiroki147 | 2006-03-12 09:45 | レース | Comments(0)

最近のはまりもの

食べ残してしまって、ちょっと硬くなってしまったパン・・・
冷蔵庫に忘れ去られてしまった野菜達・・・
これらをソーセージかベーコンと一緒にスープの素でちょっと煮て、
そして卵を割り入れて半熟になるまでオーブンで焼く。
パルメザン・チーズなんかがあれば、焼く前でも後でもパラパラと
かけてやればコクが出ますな。
ま、洋風おじやといったところでしょうか。

我が家ではこれを食べる為にわざわざパンを買うほどになってしまった・・・

f0049142_924473.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2006-03-12 09:25 | | Comments(0)