カテゴリ:写真( 523 )

スクエアが続いたので・・・




                        もう1枚

f0049142_09000292.jpg
  
                        今年せっせと投稿したNカメラのコンテスト部門は、何とか結果が残せました。

                        ポジフィルム隆盛の頃は2時間程で現像してくれましたが、この頃ではお店に寄っては1週間程度かかるようです。
                        幸い自分がお世話になった所は翌日仕上げが可能だったので、撮った記憶が充分残っていました(^-^;

                        それでもデジタルのようにその場で確認できないので、上がるまでの不安と期待はありましたが、それを楽しむことが
                        できたのは良かったです。

                        前述の通り残念なことにそのコンテストは終了してしまいましたが、気持の良い真四角な形式とプロビアが醸し出す
                        落ち着いた発色が気に入っているので、これからもフィルムの真四角写真は楽しんでいこうと思っています。

                                   ネガフィルムもやろうかな♫  


                           注:ここにアップした一連の真四角写真はすべてデジタルからトリミングしてものです。どうぞ悪しからず(^-^;





.                     

[PR]
by hiroki147 | 2016-11-23 09:20 | 写真 | Comments(4)

臭いにも負けず・・・





                    頑張りました、モデルさんも自分も(笑)
f0049142_16534241.jpg
                            銀杏の葉は黄葉すると本当に美しい。
                            特にお日様の光を浴びると、まるで黄金のようにキラキラと輝きます。
                            できたらこの落葉の上にゴロンと寝っ転がって欲しいのですけど、僕はそんな厳しいことは言えません。
                            モデルさんに「試しに寝てみて!」と言われたら絶対にできないから(^-^;

                            この日は天気は良かったのですが、生憎風があまり吹いてなくて、黄金色の葉がハラハラと舞っている
                            場面に出会えませんでした。また来年以降の楽しみにとっておきます。 




.

[PR]
by hiroki147 | 2016-11-20 17:00 | 写真 | Comments(2)

今年の紅葉はいかがかな?




f0049142_19500828.jpg
                           なかなか冷え込んでこないので、今年の楓の紅葉はどうなるのでしょう。

                           里の有名紅葉観光地もそろそろ見頃を迎えるのではないかと思うのですが。
                           夕方の地方ニュースはもう取り上げているのかな?

                           人混みが苦手なので、そんな所へは出かけませんが(^-^;
                           数年前に2度ばかり有名所へ行きましたが、ええ、もう懲りました(笑)

                           週末はまた気温が高くなりそうとのこと。カメラを一つぶら下げて、秋の終わりを楽しみに行こうかな。
                           もちろん混んでいない近所です。

 

           
.

[PR]
by hiroki147 | 2016-11-18 20:00 | 写真 | Comments(4)

時代の流れか・・・




                僕が写真コンテストに応募を続ける理由は、それは取りも直さず撮影意欲の維持に尽きます。

f0049142_19380971.jpg
                           写真を新たに始めてから早二十数年。2年目から毎年欠かさず地方レベルから全国レベルまで応募を続けてきました。
                           自分の性格から応募を止めていたら、きっと写真も撮らなくなっていたと思います。
                           年に1回のものから、毎月のもの、そして撮影会毎のもの迄、何かしら縁のあったものは続けてきました。撮り続けてこれました。

                           
                           そんな中、来年度からこのところ応募を続けている日本カメラのコンテスト部門に変化がありまして、これも時代の流れでしょう、
                           来年度からカラースライド部門がなくなり、新たにWEB部門が新設されることになりました。

                           昨年度の年度賞表彰式で当時の編集長さんがカラースライド部門は”取り敢えず来年はやる”というような感じのお話をされたので、
                           危惧はしていたのですが・・・

                           これからせっせと銀塩回帰をしようと意気込んでいたので、非常に残念であります。

                           カラースライドはシャッターを切った瞬間に完成するので、後から未練たらしく加工しない実に気持ちのよい男らしいものだから好きなんです。 


                           WEB部門ですか・・・
                           ま、手間がかからないからちょっとやってみるかな(^-^;







.

                            


[PR]
by hiroki147 | 2016-11-16 20:04 | 写真 | Comments(12)

車の中から





f0049142_13030609.jpg
                           我が家は二人共スマートフォンは持っておりません。
                           一応携帯電話は持っておりますが・・・(^-^;

                           滅多に携帯電話では写真は撮りません。単に記録として撮りたい時以外は。

                           時に「カメラがあったらなあ」と思う状況に出会う事があります。

                           この日はたまたまカメラ(X100S)を持っていました。
                           信号待ちで何気なく見上げたら、こんな光が目に飛び込んできました。
                           あわててカメラバッグから愛機を取り出して、補正をマイナス1と2/3にセットしパチリ!

                           AFはあまり信用していないので、普段は使うことは少ないのですが、こんな一瞬の出来事の
                           時はやはり便利ですね。

                           とは言いつつ、昨日X-T1を持って街に出たのですが、AFポイントをセットするのにかなり手間取り、 
                           挙げ句の果てピントが奥に逃げているカットが何枚もあり、僕の撮影スタイルにはAFは向いていない
                           な改めて感じた次第。

                           その後C社のギャラリーに向かい新製品を試させてもらったのですが、新型のファインダー・スクリーンは
                           益々見え具合が悪くなっていました。僕の目との相性が良くないようです(^-^;





.  

[PR]
by hiroki147 | 2016-11-13 13:19 | 写真 | Comments(6)

秋桜咲いたな




f0049142_19514479.jpg
                            いつ撮ったのかわからないほど以前の写真ですみません。

                            つい先日もこのモデルさんに「もう、お花の写真は撮ってはダメ!」ときついお達しを頂いたので、
                            金輪際花の写真は撮らないと決めましたので、これからは新作の登場はありません(苦笑)

                            それにしても山口百恵さんの秋桜は名曲ですなあ。 
                            今日それをモデルさんにリクエストしたら、何故か赤鼻のトナカイを歌ってくれました。
                            もうクリスマス・プレゼントのおねだりか?





. 
 

[PR]
by hiroki147 | 2016-10-26 19:57 | 写真 | Comments(4)

土佐の旅 美食編





                        今回の土佐の旅で本当に美味しいものを沢山頂きました。
                        そのおかげ(せい?)で体重が増えちゃって、帰ってからも減らなくて困っております(笑)

                        今日はあまり余計なことを書かず、見て頂くだけにしましょうかねえ。

                        昨日も書きましたが、カツオのたたきはあまりありません。鮎も取れたてのカットはありますが、
                        焼き立ての写真はありません。急いで食べちゃったので(^-^;

                        高知は場所柄海も山も川も近いので、もう美食の宝庫なんですよねえ。

                        まずは四万十川の手長えびの唐揚げです。
f0049142_19225285.jpg
                        もう少し大きめのは塩ゆでで頂きました。どちらもホント美味しかった。
                        ビールが進む、進む(笑)

                        川と来たら次は海。
                        これはナマコであります。
f0049142_19271211.jpg
                        口の中に入れた瞬間、体温で溶けました(^-^)
        
                        もう一品海のもの。     
                        土佐清水の清水サバぶっかけ丼であります。
f0049142_19294223.jpg
                        なかなか食べられない鯖の刺身。ちょっと甘めのタレを掛けて2~3枚食べて、次に熱い出汁をかけてお茶漬けに!
                        脂が乗っていてうまかったなあ。

                        山のものも行きましょうかねえ。
                        土佐牛の焼肉であります。 
f0049142_19352867.jpg
                        脂っこくなく、適度に歯応えがあってタレも甘めで僕好みの味でした。
                        魚介ものが続いた後だったので、この味も忘れられないものになりました。 


                        カツオのたたきは塩もタレも頂きましたが、実は変化球ものも食べたんです。
                        ご存じの方もいらっしゃると思うのですが・・・
f0049142_19412570.jpg
f0049142_19414346.jpg
                        カツオのタタキバーガーなんです。
                        以前TVで見たことがあって、今回これに巡り会えたらいいなあと思っていたんです。  
                        普段でもカツオのたたきにマヨネーズをつけることがあるので、これは本当に美味しかった。
                        1日間を空けてまた頂きました(^-^)


                        そしてこれが今回最高に美味しかったのが・・・
f0049142_19463330.jpg
                        手作り皿鉢料理です。皆さんに歓迎されてもう涙が出るほど嬉しくて美味しかったです。 
        
                        一生の思い出となった今回の土佐への旅でしたが、あの海、あの味、あの人達にまた逢いに行きたいなあ。 
                        恐怖の瀬戸大橋が待ち構えているんだけど(笑)


                        長々とお付き合い頂きまして、どうもありがとうございましたm(_ _)m
                        一応本編はこれにて終了致しますが、ひょっとしたら番外編・・・あるのかなあ、ないのかなあ(^-^;   


                               結局グダグダと書いてしまった。 (反省)






.



  

[PR]
by hiroki147 | 2016-10-21 20:01 | 写真 | Comments(6)

土佐の旅 雄大な景色編




                 
                     今回は”山”であります。
                     四国カルスト台地と言うそうです。
                     この名称のままカーナビに入力したら、何だか随分遠回りな道を案内してくれちゃって、
                     カーナビを無視して自分の勘を信じたら、大間違いでした(笑)

                     すれ違い困難な山道を、対向車が来ないことをひたすら願いながら車を走らせること数十分。   
                     やっとたどり着いた天狗高原。
f0049142_19063143.jpg
                     快晴とは言えませんが、眩しくないからまずまずの天気でした。

                     この高原は牛(土佐牛?)が放牧されていまして・・・
f0049142_19085437.jpg
                     鉄線の柵はあるものの、「牛チャンこっち来て〜」などと独り言のように話しながらカメラを構えていると・・・

                     ここの牛は人慣れ(カメラ慣れ?)しているのか、まあ近寄ってくれまして、
f0049142_19125902.jpg
         
                     もういいよと言いたくなるくらい迄すごく接近してくれました(笑)
f0049142_19143139.jpg
                      本当はもっと寄ってくれたカットもあるのですが、画面の90%位を牛が占めちゃっているので残念ながらボツです。

                      ここの牛ちゃん達は何故か全然臭くないんです。広い所でのんびりと暮らしているからでしょうか。



                      昨日”ちょっとだけ越境・・・”と書いた訳は
f0049142_19185824.jpg
                     県境をまたいでいたんですねえ。ですから、厳密には土佐と伊予の旅になりますか(笑)


                     高知と言えば皆さん!やはりカツオですね。そう!タタキ。 
                     ええ、頂きましたよ、連日。昨今流行りのシオもタレも。
                     でも、でも美味しそうなタタキを目の前にして、食欲が勝ってしまい写真を撮り忘れました(ハー・・・)

                     しかし!明日はムフフなモノを用意しております(ニヤリ)




   
.

                      


[PR]
by hiroki147 | 2016-10-20 19:28 | 写真 | Comments(2)

土佐の旅 清流編





                      高知で清流と言えば、皆さんご存じ四万十川ですねえ。
                      地元の方に寄ればに淀川の方が美しいらしいのですが、それでも一度は行ってみたいと思いまして。
                      仁淀ブルーはまたの機会に・・・
 
                      四万十川はこの日はとても穏やかな流れでした。
f0049142_19255470.jpg

                      その四万十川も時には暴れるようでして・・・
f0049142_19282251.jpg
                       やはり自然は恐ろしいです。
                       しかし先人の知恵は素晴らしいです。こんな流れになっても橋脚は流されぬように・・・

                       はい!水の流れに極力逆らわぬようにした沈下橋です。
f0049142_19351087.jpg
                       四万十川の沈下橋で一番長い佐田の沈下橋に行きました。
f0049142_19322560.jpg
                         滞在中何台もの車が通りました。橋上にいくら人がいてもおかまいなし。
                         結構な速度ですぐ横を走ってくれました(^-^
                         もし、対向する車が同時に橋の上を走り始めたらどうなるんでしょ。
                         すれ違い困難な山道と同様の力関係が発生するのでしょうか?
                         
                         訪れた沈下橋はここ1ヶ所のみでした。再訪時には更に上流にある沈下橋にも行きたいものです。
                         マイカーで渡るのは無理ですが(笑)


  
                           さて、川と来れば、次は忠臣蔵でおなじみの山ですねえ。

                           明日は「ちょっとだけ越境しちゃったよ」の巻だあ!    




                             


.                       

[PR]
by hiroki147 | 2016-10-19 19:57 | 写真 | Comments(2)

土佐の旅 波の芸術編




                        高知へ行ったら是非行ってみたかった場所。
                        それは足摺岬。高所恐怖なのにねえ。


f0049142_18320365.jpg
                         素晴らしい景色で、凄い迫力でした。
                         この勢いで迫られたら、そりゃあ犯人は何でも白状しますよ(笑) 

                         ここで波の威力に目を奪われた後、ガイドブックにあったもっと波の威力の凄い所を目指しました。

                         それは白山洞門。
f0049142_18361861.jpg
                           先程の足摺岬の高低差を一気に降りました。
                           足元まで波が迫って来ます。
                           波と風がこの岩山に穴を開けました。全国に同じような洞門はあるでしょうが、ここはここで凄かったです。
                           ただ、二度とここには行きたくありません。一気に降りたという事は一気に登らなきゃいけない訳で、
                           もう太ももパンパン、息も絶え絶え。
                           足摺岬周辺を周る観光船はあるのかなあ。あったら乗ってみたいですねえ。

                           
                           そしてこれら2ヶ所に負けず劣らず感動したのが、少し西にある竜串海岸。
                           ここはズラッと並べます。
f0049142_18465682.jpg
                            

f0049142_18504833.jpg

f0049142_18511647.jpg

f0049142_18513682.jpg

f0049142_18515406.jpg

f0049142_18521161.jpg

                            いずれも波や風に侵食されたものでしょうが、自然の力をまざまざと見せつけられました。         
                           
                            ここは再訪したい場所第1位です。時間をかけてゆっくり見たいですねえ。


                            さて海が続いたので、次は川にしましょうか。
                            高知で川と言えば・・・(^-^)





.


 

[PR]
by hiroki147 | 2016-10-18 18:57 | 写真 | Comments(4)