カテゴリ:美術館( 31 )

撮影可!




                               カメラで撮影OK(平日のみ)の美術展に行ってまいりました。
f0049142_17534475.jpg

                               本家のデトロイト美術館に倣ったようです。

f0049142_1756361.jpg

                                ピカソ・ゴッホ・セザンヌ・ルノアールなど超有名画家が目白押しであります。
                                それらの作品を撮ってよいなんて、その話を聞いた時耳を疑いました。

                                懐が実に深いです。

                                それでもすべてがOKではありません。
f0049142_17592471.jpg

                                時代ですねえ。

                                本当は展示作品集を購入すべきなんでしょうが・・・  




.
[PR]
by hiroki147 | 2016-06-02 18:01 | 美術館 | Comments(2)

そうだ、京都へ!ってえことで・・・


      ちょっくら京都へ行ってゲイジツの秋を楽しんできました(^-^)

      まずはここ♪
f0049142_16115167.jpg

      ウーーン・・・このフェルメールは色合いと光の冴えが感じられなかったなあ。
      僕と同じようにそう感じている人が多いのか、今流行りのフェルメールにしてはかなり空いていました。


      次にここ♪
f0049142_1614666.jpg
 
      ここはもう大人気でして・・・
f0049142_16143165.jpg

      入場するのに30分待ちでした。

      本でしか見たことがなかった本阿弥光悦や尾形光琳。そして俵屋宗達の風神雷神図屏風。
      (11月8日迄本家と光琳そして酒井抱一の三作が見られます)

      ええ、もう眼福でありました(^-^) 


      他にもライカ京都で、セイケトミオさんのシャドウがギリギリに締まったそれは美しいモノクロプリントも見られて、
      とっても実り多き秋の京都でした。

      来週あたりからの京都は混雑するでしょうねえ。

                     今年の紅葉はどうなのかしらん。 



     (おまけ)
f0049142_5302429.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2015-10-31 16:26 | 美術館 | Comments(0)

眼福




       目を肥やしにちょっと京都へ。

       まずはここへ
f0049142_19394277.jpg

       主たる目的はフェルメールの天文学者でありますが、確かにそれも良かったのですが、
       ジャン=フランソワ・ミレーの「箕をふるう男」も良かったなあ。動き物が好きな自分には
       小麦が見事に宙に舞っている描写がたまりませんでした。

       もう1点。ジャン=パティスト・グルーズの「割れた水瓶」。少女の表情がとても良かったです。
       それと、まあ何とも意味深な・・・(^-^; 

       この3点を見ただけでも充分なお得感がありました(交通費別) 

       続いて
f0049142_19481761.jpg
 
       ブレッソン・ドアノーと同時代にパリを拠点に活躍した人。やはりこの時代の作品が自分は大好きであります。
       それにしても、この美術館はホント良いものを所蔵しているなあ。

       そして最後に
f0049142_19525559.jpg
  
       ここの2Fにギャラリーがありまして、エリオット・アーウィットの作品が展示されていました。
       でも、僕の目的はQであります(^-^;

       実機に初めて触れましたが、僕の知るライカじゃないです。確かに持った感触,質感などは高級感タップリなのですが、
       ビックリするほど速くて的確なAFや、実にクリアーで繊細なEVFがライカらしくないなと(^-^;

       フルサイズとは言え、28mmF1.7のレンズ交換できない個体で、60万円に届かんとする価格に
       ?マークは付きますが、これがもう第1回日本入荷分はあっと言う間に売り切れだそうで、やっぱり
       僕の周り以外は今景気がいいんだなと思い知らされました。
        

       それにしても(デジタル)ライカが出すモノクロって、どうしてあんなに黒が深くって、なのに階調も深くって、
       その写真を前にすると息をするのを忘れそうになるんだろ。
[PR]
by hiroki147 | 2015-06-25 20:11 | 美術館 | Comments(5)

トヨタ博物館へ♬



       特段見たい企画展でもなかったのですが、久しく行ってなかったなと思い立ち、先日ちょっと行ってきました。

f0049142_13555158.jpg


       ここへ来ると必ず思う事。それは昔の車は個性があったなあと。
f0049142_13565164.jpg

       鉛筆と定規、そしてコンパス(?)で書かれた車はとても暖かみを感じます。人の手の温もりとでも言いましょうか。
       街で見かけても、「ア!○○!!」とすぐに車種がわかったものですが、今は・・・
       ま、これは老人力の進化系と言えるかもしれませんが(^-^;

       この日はここでは初めてお目にかかれた車がありました。今までも展示された事があったかもしれませんが。
f0049142_1431317.jpg
       TE27レビン。86の先祖ですな(^-^)
       自分が免許を取った頃はまだバリバリの現役でありました。これら(トレノも)とGT-R(箱のね)は街で見かけると、
       いいなあと指をくわえながら必ず振り返りました(笑)
       
       スペック的には、もう現代の車と比べうるべきものはないかもしれませんが、個性の強さは抜群であります。
       新86じゃ物足りません。尖った部分がないですから。これも時代でしょうね。仕方ありません。

       そしてここへ来ると、これも外せません。
f0049142_14132047.jpg
 
       昔、246で走らない1600ccOHVのカリーナSRで、これに必死で付いていったのは、忘れられない思い出であります。
       カッコ良かったなあ。

       世は丁度スーパーカーブームになりかけの頃でありました。
f0049142_1555486.jpg
 
       コレとカウンタックは双璧でしたな。

  
       ここへ来れば、毎回心のリフレッシュが図れます。
       本当に良い所です。
f0049142_15592377.jpg
  








     
[PR]
by hiroki147 | 2015-01-10 16:00 | 美術館 | Comments(10)

小春日和♬



  
         汗ばむくらいの気持ちの良い晩秋の中、好きな作品展を見に入ってきました。
f0049142_17164940.jpg


         ここへ行くのは久しぶりであります。
f0049142_17161910.jpg


         昨晩はかつて一緒に鈴鹿サーキットで撮影をした仲間達と、お世話になった先生を交えて20周年記念の懇親会を楽しみ、
         しこたま飲んだにも拘わらず懸念していた二日酔いにもなりませんでした。
         同好の仲間と過ごす時間は本当に楽しいです(^-^)

f0049142_17234952.jpg


f0049142_17231284.jpg


f0049142_17244054.jpg

                     柄にもないことをやってしまいました(^-^;
[PR]
by hiroki147 | 2014-11-23 17:24 | 美術館 | Comments(6)

芸術の秋!(*^o^*)



         と言う訳で、ちょっくら東京へ!

         まず、国立新美術館。
f0049142_1343243.jpg
  
         7月に休館日に行ってしまうと言う何ともはボンクラな事をしてしまったので、出直しであります(^-^;
         印象派の絵は好きなので、いつかはオルセーに行ってみたいと思っているのですが、果たしていつになる事やら。

         次は同じ六本木にあるフジフィルムスクエア。ここで鉄道写真家の中井精也さんプロデュースの“乗ろう!撮ろう!大鉄道展”
f0049142_13513349.jpg
f0049142_13492347.jpg
 
f0049142_1349421.jpg

         さすがプロの写真家の作品です。これが無料なんていいのかなあと(^-^)

         ここでは発表されたばかりの新色のX-T1とX100Tをチェック!
         ・・・特別購買意欲は湧いてきませんでした(^-^; 
         併せて新しいXF56mm F1.2も、わざわざ持ってきて頂いて1枚だけ試写!
         データは持って帰れませんから、モニターで見た限りですが、これは良かったなあ。
         何の裏打ちもありませんが、直感で。素直にボケが柔らかくて♬

         その後、新宿へ。
         本物の中井さんと河野先生に会いに♬
f0049142_1732427.jpg
f0049142_173113.jpg
 
         いやあ、他意はありません。日光党への復党はまだまだ(^-^;
         その証拠に機材に触れる事はおろか、カタログさえもらってきませんでしたから。
         じゃ、もらってきたらやばいのか?(爆)

         で、ちょっと休憩をはさんで・・・
f0049142_1785660.jpg
 

         最後に東京駅ステーション・ギャラリーへ!
f0049142_1794555.jpg

         僕は最後が一番良かったかな。昭和を知らない若い世代にも、充分受け入れられる内容(写真)ではないかと思います。
         
         そして、東京にサヨナラ
f0049142_17133618.jpg


         絵日記に最後までおつきあいいただいて恐縮であります。
         どうもありがとうございましたm(_ _)m


         いやあ、改めて旅したいなあって。
         東京〜名古屋が100分なんてあまりに速くって、旅っていう感じじゃないなあ。もう、ただの移動でした。
         缶ビール2本しか飲めなかったから(核爆)

         




  
         
                
[PR]
by hiroki147 | 2014-09-22 19:38 | 美術館 | Comments(14)

少し寂しい



     
        明日で1年間ほど休館に入られると言う事で、名残を惜しんできました(大げさ)
f0049142_16591142.jpg
f0049142_170434.jpg
f0049142_170716.jpg


        初の個撮をしたのがここでした。
        それまで愛知県にこんな素晴らしい美術館があるのを知りませんでした。
        それから訪れる事数十回(!)
        ここで撮らせてもらった写真も何枚か、コンテストに入れてもらいました。
        中でも特に印象に残っているのが、休館日に許可を頂いて撮ったこれ・・・
f0049142_1715071.jpg
 
        雲が手助けをしてくれました。

    
        今日はイベントをしていたようで、庭内にはこんな感じでTシャツがイッパイ!
f0049142_17191743.jpg
 
        青空に気持ち寄さそうに沢山のTシャツがそよいでいました。


        工事の調整具合があまりはかどっていないようで、開館がもう少し先に延びそうとの事ですが、
        1年なんてこの年になるとすぐですから!(笑)
[PR]
by hiroki147 | 2014-09-14 17:25 | 美術館 | Comments(8)

眼福




f0049142_19284033.jpg

         今年一番楽しみにしていた美術展であります。
          
         ゆっくり見たくって、空いているだろうと期待してわざわざ平日に出かけましたが・・・

         主たる観覧者は上の世代の毎日が日曜日の団塊以上の方々。休日は関係ありませんでした(爆) 

         それでも国宝 志野茶碗 銘卯花墻とパンフレットに使用されている破袋はもう食い入るように眺めてしまいました。
         
         茶の心得など全くありませんが、茶道具を見るのが好き。心が落ち着きます。

         今回改めて、織部って適当な言葉が思いつかない凄いプロデューサーだったなあと思いました。
         日本の陶磁器の歴史の中で、後にも先にもこんな凄いセンスを持った人はいませんでした。
         かの加藤唐九郎さんは「織部はOLIBEから名を取ったかもしれない」とおっしゃっていたようですが、
         僕もその説に賛同したいくらい日本人離れをしたセンスの持ち主だったなと思います。           


            会期末にもう一度行こうかなあなんて、ここでつぶやいたりして・・・(^-^;










         
[PR]
by hiroki147 | 2014-09-12 19:54 | 美術館 | Comments(8)

おみくじはここで引きました。




f0049142_19501155.jpg


           入場券を求めたら、おみくじがついてきました。
           どんな因果関係があるのか、ちゃんと聞いておけば良かった(^-^;


           「さよならはあまりに急。」って、まだ意味不明です。
           何かを暗示しているのかなあ。だったらとても不安になります。
          
           こんな紙切れ一枚に振り回されてもかなわんなあ。
[PR]
by hiroki147 | 2014-01-14 19:55 | 美術館 | Comments(8)

アート巡りの旅♪



       早朝にもかかわらず乗車率ほぼ100%ののぞみでいざ東京へ!
f0049142_202811.jpg

       今はお盆なの?それとも年末?と思うくらいの混みようで、まあ皆さんどちらへ?(笑)   
       車内は団塊及びそれよりちょっと上と思しき方達でイッパイ。まあそれは賑やかでして(苦笑)
       そんな中、まずは上野。
f0049142_13485359.jpg

      
       次にJRと地下鉄を使って初台。
f0049142_1352226.jpg

       ここが今回のメイン。これを見たくって、でもココだけじゃなんでしたから、いろいろペタペタとくっつけました(^-^;

       篠山紀信の情熱と迫力に打ちのめされて、次の会場へ。

f0049142_13544045.jpg

       星野道夫さんの写真展は何度も見てますが、いつ見ても感動の嵐です。写真に愛情が溢れてます。
       大氷原にポツンといる白熊1頭にも。カリブーの大群にも。 
 
       そして帰る前に東京駅近くにある・・・
f0049142_1401684.jpg

       ここは東京へ行った折に、時間がある時は必ず寄ると言っていいくらいのお気に入りの所♪
       好きな作品が沢山あります。佐伯祐三にピカソにゴッホ。そして藤田嗣治。


       ああ、今回も幸せな旅でした。  

おまけのスナップ。よろしかったらどうぞ(^-^)
[PR]
by hiroki147 | 2012-11-19 19:41 | 美術館 | Comments(14)