カテゴリ:思いで( 19 )

体育の日?




f0049142_20330139.jpg
                         本来の体育の日の謂れを知っている者としては、今日が体育の日と言われても何だか気に入らないなあ。

                         1964年10月10日に東京オリンピックが開催された日を記念して、体育の日としたのに10月の第2月曜日を体育の日とするなんて!
                         祝日というものはその日事を、後世にきちんと伝えるという意味合いもあるんじゃないのかい?
 

                         53年前の今日は抜けるような青空の中、日本選手団の赤いブレザーと白いパンツがとても美しく映えて素敵だったなあ。

                         もうすぐ選挙ですな。





.
                          

[PR]
by hiroki147 | 2017-10-09 20:46 | 思いで | Comments(2)

思い出を断捨離?




             昨今流行りの断捨離とやらをこの頃進めておりまして、そうしましたら部屋の片隅からホコリまみれになっている
             いろんなものが発掘されました(^-^;

             部屋の模様替えなどをする時に最大の障害となるのが、つい懐かしくなって見入ってしまうことですな。

             ここで”懐かしいもの”をご覧頂こうとは思っておりませんが、大量の汗と膨大な時間と多額の資金を要した趣味
             (と言うよりはもはや道楽と言った方が正しいかも)の成れの果てを備忘録として記録しておこうと思いまして・・・

f0049142_16123852.jpg
                        1994年から2004年くらい迄せっせと撮った汗の結晶であります(大げさ)

                        ”当たり”のカットだけマウントしたので、この量の約3倍くらいは灰となってこの世から消えております(笑)
                        1本あたり現像料込で¥2,000弱くらいかかったと思いますから、今考えたら何と恐ろしいことか!

                        写真って本当にお金のかかる趣味ですね(やっぱり道楽だ!!)

                        1枚くらいここにマウントしたカットをアップしようかなと思いましたが、ライトボックスの調子が悪くて。
            
                        ダイレクトプリントしてあったものがありましたので、その中から思い入れの強いものを1枚ペタッと貼ります。
f0049142_16234300.jpg
                         手帳の記録によりますと(几帳面でしょ 笑)、1998年11月3日に鈴鹿で行われたF-1のタイヤテストとなっております。

                         翌年からブリヂストンがF-1に参戦することになっていた為のテストだったように記憶しております。
                         ドライバーはミハエル・シューマッハーですねえ。ナロウボディになる前のF-1はデザインが本当に力強くカッコよかったですね。

                         逆バンクの立ち上がりからダンロップへ向かう7.8%勾配のポイントを、草ボーボーの足場の悪い所を4段の脚立の一番上に乗り、                    
                         フェンスの下の隙間から必死に狙い撮ったカットでした。

                         今はもうこんな情熱はないなあ。若かったなあ、と言っても45才でしたが(爆)



.


                         
             


[PR]
by hiroki147 | 2017-09-10 16:46 | 思いで | Comments(10)

悲しき哉




f0049142_21371769.jpg

         今年九十三になる父親がこの5日から入院しています。
         もともと狭心症を患っていて、今までに何度も入退院を繰り返しています。

         尋常小学校から高等小学校まで全甲で通した人でしたが、もうすっかり耄碌してしまい、
         あまりに変わってしまったその姿を見ていられなくて・・・

         
         果たして本当に長生きは美徳なのでしょうか?

         ええ、運命に逆らおうという意識は毛頭ありませんが、ただ与えられた命は美しく全うしたいと思います。

         中学生が、いやもっと若い人が天より与えられた命を自ら短くしてしまうニュースが毎日のように
         メディアを通じて伝えられています。何と勿体ない事でしょう。

         人間に平等に与えられた権利を、そんなに早く行使しないでください。
         

         辛い時、苦しい時にそれを心から分かち合える国に、時代になって欲しいと思います。 
[PR]
by hiroki147 | 2016-01-09 21:56 | 思いで | Comments(2)

郷愁



f0049142_15201799.jpg


              この頃、この手の物に興味を惹かれて仕方がない。

              これにも嘗て栄華を極めた時代があったに違いない。

              せめて記録として残しておいてやりたい。
              
              それも写真の役目だろうからという一念で。 
[PR]
by hiroki147 | 2015-12-27 15:24 | 思いで | Comments(2)

御冥福をお祈りします


        
          主のいない仕事場はやはり寂しい・・・
f0049142_20212990.jpg


          在りし日・・・
f0049142_20221998.jpg


          
          足助の鍛冶屋さんがお亡くなりになりました。

          以前から地元のTVで何度か取り上げられていらっしゃって、年齢も近くとても気になる方でした。
          
[PR]
by hiroki147 | 2014-09-03 20:26 | 思いで | Comments(2)

ゆめのちょうとっきゅう♬



       半世紀以上前、幼稚園から小学1年生迄の3年間横浜にいました。
       その頃とても仲の良かった子がいまして、ちょっと浅黒くて、お目目もお鼻もクルンと丸く、また髪もクルンとしていた木村君。
       いつも一緒に遊んでいました。

       その彼がよく言っていたのが「ゆめのちょうとっきゅう!」という言葉。
       絵本も彼の描いた絵もよく見せてくれました。そして、どんな凄い機関車かということも熱く語ってくれたのを覚えています。

       その“ゆめのちょうとっきゅう!”が復活したようなので、見てきました。
f0049142_20232281.jpg


       この絵本が、当時木村君に見せてもらったものかは不明ですが・・・
f0049142_20244877.jpg

       この絵本1冊で熱く語れる当時の子供は、ある意味とても幸せだったなと思います。
       今の子供は本当に気の毒です。


       長じて、この“ゆめのちょうとっきゅう!”で夢を求めて・・・
f0049142_20301143.jpg

       

                   まだまだ新たな夢を求めて!と思ってます。   



                    リニアだと速過ぎるかな(^-^;


   
 
        
      
        
[PR]
by hiroki147 | 2014-08-08 20:33 | 思いで | Comments(4)

2度目の夏季オリンピック




       今朝、日本中が沸くビッグニュースがありましたね(^-^)
       1964年から56年を経て、2度目の夏季オリンピックが東京で開催されます。

       前回の東京オリンピックは、丁度日本が高度成長に向かう時期でした。
       世の中はこんな感じでした。(と、先日行った高山昭和館のカットを便乗して上げてみる ^-^;)

f0049142_10445439.png
f0049142_104442100.png
f0049142_10432273.png
f0049142_10431281.png


       1964年。小学5年生でした。運良く生き長らえれば、67歳でまた夏季オリンピックが観られます。
       家人が「これで平均寿命が延びるかも」と言っておりました。

       当時は東海道新幹線や首都高が通りました。次は何が?

       ああ、でもその前に、世界に向けてやらなければならない事がありました。 
       福島第一原発の問題。簡単に解決できる問題ではないでしょう。
       能天気に喜んでばかりいられません。
 
       世界に堂々と胸が張れるオリンピックにしてもらいたいですね。
[PR]
by hiroki147 | 2013-09-08 10:54 | 思いで | Comments(10)

好日散歩〜日本昭和村へ♪


         連休初日、いつ以来だろと考えてしまうくらい久し振りに、日本昭和村に行ってきました。

         何でもロバのパン屋が来るとかで、ちょっと誘われちゃったんです(^-^;

f0049142_5461126.jpg

         僕の記憶ではちゃんと馬(ロバじゃない!)が引いてましたが・・・

         今はこうだそうです。
f0049142_5472587.jpg

         残念ながらこの日は販売なし。自分の事前調査不足でした(トホホ)
         あの蒸しパン食べたかったなあ。

         その後は村内散策。
f0049142_5502776.jpg


         昭和にこれははずせませんね。
f0049142_551252.jpg


         これって平成生まれじゃないですか!(笑)
f0049142_5523917.jpg


         これが愛機第一号です♪探したらその頃のプリントが残っているかもしれません。       手札版で焼いてもらってましたねえ。
f0049142_614384.jpg


         子供の頃はこのまんまな感じでしたねえ。我が家にコーラはありませんでしたが(爆)
f0049142_60078.jpg


         各所にちょっと寂れた感があったのが残念でしたが、それでも村内グルッと一周
         3時間、充分楽しめた一日でした(^-^)



 
 
 
         
         
[PR]
by hiroki147 | 2013-04-29 05:58 | 思いで | Comments(12)

祝!成人



        本日、成人式であります。
        いつの間にやらトリプルスコアなんであります(笑)

f0049142_2021094.jpg


        今日からお酒も煙草も解禁などとおかしな事を言う人がたまにおられますが、正式には誕生日を持ってであります。

        最近はマスコミを賑わせるあの馬鹿騒ぎは沈静化の方向にあるようですが、キンキラキンの
        羽織袴の連中は減少傾向のようですが、女性陣のあのド派手なメイクとヘアスタイルは、
        未だ健在のようであります(^-^;

        見てくれだけで判断してはいけないことはわかっているつもりですが、無駄に損をする
        のは自分自身だということは、若い時はなかなかわからないものでしょうね。
        
        この先、借金だけ背負わされて、尚且つ年金も払うだけでもらえない可能性のある若者達に
        同情はしている、ヒレ酒を飲み過ぎたオヤジの毒吐きでした。
[PR]
by hiroki147 | 2013-01-14 20:36 | 思いで | Comments(4)

東松照明さんが・・・


       
       昨年末の12月14日に東松照明さんがお亡くなりになったという事を知り、もうただびっくりしました。

       東松さんとは何の縁もないのですが、2006年に生誕の地である名古屋で「愛知曼荼羅」展を開かれ、
       それを見に行った事が、東松さんの作品を
       きちんと拝見した始まりです。

       その後も当地で東松さんの作品展があると必ずお邪魔してきました。
       2011年に名古屋市美術館で開かれた東松照明全仕事はそれはもう膨大な
       出品量で、被写体に様々なアングルで迫るその迫力の数々に、ただ圧倒されたのは記憶に新しいです。
       
       また記事にも書きましたが、愛知曼荼羅の全ての作品がEPSONのPX-5500でプリントされており、
       それまでインクジェットのモノクロ・プリントにいくらか猜疑心を持っていたのですが、
       展示されていたプリントの美しさと迫力で、その幼稚な心を消し去っていただけた写真展でもありました。

       その後、先生が2009年にデジタルカメラマガジンのモノクロプリント部門を審査されることになり、
       是非見ていただきたいと頑張って応募した結果、3度入賞することができました。

       拙作にもかかわらず、とても丁寧に見ていただけたのがわかるような有難い、また暖かいコメントも
       していただいて、一生の宝物になった経験でした。

       東松先生。本当にありがとうございました。
       東松先生のご冥福をお祈りいたします。



       以下に当時の拙作を添付いたしますので、よろしかったら御覧下さい。
 

       

こちらです
[PR]
by hiroki147 | 2013-01-08 17:13 | 思いで | Comments(2)