2017年 08月 02日 ( 1 )

懲りないオヤジ



             

                      復縁であります。

f0049142_16211559.jpg
                      
                      100周年記念モデルではありません(^-^;
                      F3Tに装着したAi-S 35mm F1.4であります。
 
                      二十年程前に手に入れ、開放の優しい描写(”滲んだような”とも言う?)と絞った時のキリリと締まった描写の二面性に驚かされ、
                      また、背景の二線ボケの見本のような写りに苦笑いをさせられながらも、慈しんできたこのレンズですが、N社からC社へのシステム替えに伴い
                      我が手から離れていったのですが、この度やっと復縁がかないました。

                      その間ずっと気になっていたのですが、このレンズとの復縁の前にまだ使ったことのなかったAi-S 50/1.2を手に入れてしまったので、遅くなってしまいました。

                      50のイチニーもやはり開放と絞った時の描写の差が面白く、解像度偏重(と、自分はそう思う)の時代に逆らって、この現役オールド・レンズで
                      これからも撮影を楽しんでいきたいと思うのであります。  


                      で、早速・・・

f0049142_16361804.jpg
                      開放では撮りませんでした(^-^)







.       

[PR]
by hiroki147 | 2017-08-02 19:19 | カメラ | Comments(6)