2017年 05月 17日 ( 1 )

今更ながら




                こんなレンズを仕込みました。
f0049142_19184793.jpg
                            手振れ補正付きの35mmのf2であります。
                            キヤノンマウントではAFレンズも、また、手持ちのシステムでは一つも手振れ補正の物がないなと
                            我ながら上手な言い訳を思いつき(^-^; 手に入れてしまいました。

                            早速先日の安曇野行きに持っていたのですが、感じたこと二つと少々。

                            デジタルカメラの世界ではもはや骨董品と言われかねない我がEOS 5DMark2にガッチャンとセットし、久しぶりのオート・フォーカスを試してみたら、
                            AFポイントの移動の仕方を忘れている(爆)

                            あれこれいじり倒して、やっと思い出してみたら、ついでに思い出したのがその移動の面倒臭さ。それが厄介でAFレンズを使わなくなったんだと(笑)
                            で、結局撮影の80%くらいはマニュアルで撮っちゃいました(^-^;


                            これが感じたことの一つ。
                            次いで、二つ目はやっぱり手振れ補正は助かるなと言うこと。今回も何枚かは助けてもらいました。

                            そして少々の部分。
                            今回この35の2を手に入れようとした理由のひょっとしたら大きな部分を占めていたかもしれないのが、ピントリングの感触でありました。
                            ねっとりとしたMF本来の感触にはまだ遠いのですが、それでも以前のAFレンズのあのなんとも頼りないスッカスカの感触よりは随分良くなった印象です。  
                            全くの文化系なので、何故昔のように出来ないの?という疑問は未だに拭えませんが、新登場のレンズは頭っから否定せずに試してみる必要もあるなと思った次第です。

                            
                            さて、1枚くらい35の2のデビュー・カットを貼っておきましょうか。
f0049142_19450347.jpg
                            白状します。       
                            これはAFで撮りました!
                            MFで撮ったカットもありましたが、この場面では結構ピントを外しておりました!(爆)






.
 
                    

[PR]
by hiroki147 | 2017-05-17 19:52 | カメラ | Comments(2)