ギャラリー三昧

      新宿で・・・
f0049142_2134731.jpg

      写真展を3つ見てきました。
      場所はニコンとコニカ・ミノルタの2カ所ですが。
f0049142_2142814.jpg


      ニコンサロンでの山下忠志さんの「さよなら日本」は新宿界隈(と思われる)での
      オール・モノクロのストリート・スナップで、少し古いタイプかもしれないが、
      被写体にズバッと切り込んだ迫力に圧倒されました。特にホームレスの連中の
      ポート・レートが印象的でした。
      眼光鋭い威圧感タップリのもあれば、柔和な表情ありで、一体どうやってこの人達に
      アプローチをかけたんだろと、まずその手法が気になりました。トラブルは少なからず
      あっただろうことは容易に想像できます。作品を撮るぞと言う気概が勇気を奮い立たせた
      のでしょうか。

      その他にも、後ろからコソッと盗み撮りせず(僕のことです)、堂々と被写体に正対している
      カットばかり。
      ウーン・・・と唸らされているうちに、室内の写真を撮ったり、同じ日に隣室で写真展を
      されていた方と名刺交換している人が現れました。きっと山下さんご本人でしょう。
      この人がまたサプライズ。写真からして勝手に森山大道や加納典明のような押し出しの
      強そうな人を想像していたのですが、三十前後の長髪で細見の一見優男。
      作品と同じくらいの衝撃を受けてしまいました。この人がどうやってホームレスの人達に
      アプローチをかけたのか知りたくて知りたくて。また、「さよなら日本」と言う題名も
      僕には難解で・・・ 

      嗚呼、でも僕にはニコンギャラリーのようなアマ・カメラマンの総本山と言われる場所で、
      作者に質問をすると言う勇気(図々しさ?)はありませんでした。

        もっと修行と自信の裏打ちが必要のようです。
[PR]
by hiroki147 | 2008-07-19 21:46 | 写真 | Comments(2)
Commented at 2008-07-19 22:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiroki147 at 2008-07-20 06:02
ようこそおいで下さいました。
週1の更新を目指しておりますが、なかなかままなりません。
また、遊びにきて下さい。
<<        5Dのピント        夜にドーナッツ? >>