よい写真展でした。

f0049142_612088.jpg

   朝刊を読んでいたら、アマチュアの方々がフイルムにこだわった
   モノクロの写真展を開いているとあり、その記事を読んでみると、
   二十代後半から四十代前半の写真専門学校の同窓生4人が、
   主張やテーマを考えず、構図の面白さや雰囲気の心地よさを第一にした
   作品展だとありました。
  
   いいですね、そのわかりやすさ。大いに賛同です。難解な写真は苦手です。
   
   早速行ってきました。
   もう僕も大好きな写真ばかりが29枚も展示されてました。
   どれも一つ一つ納得できるものばかり。自分もその場、その瞬間に
   出会ったらシャッターを切っただろう写真ばかりで、ちょっと興奮気味。
   
   作品もバライタ紙の優しいタッチのトーンばかりで、会場もそんな
   トーンに包まれていて、いつまでもそこにいたい雰囲気でした。

   会場にいらっしゃったメンバーのお一人にお話を少し伺ったのですが、
   写真同様の物腰の柔らかいお話ぶりが更に今回の写真展の印象を
   よくしてくれました。
   
   今年で4回目だとか。
   最初から見てないのが少し残念です。

   今回お話を伺って一番印象に残ったのが・・・

      「デジカメは携帯でしか撮った事がないです」 
                                                                                                                         
                                                               
                                                        


  

   
[PR]
by hiroki147 | 2008-03-23 06:41 | 写真 | Comments(0)
<<    桜の季節到来    こだわり・・・ >>