年賀状投函!!

郵便が民営化されて、「年賀状は贈り物だと思う」なんてCMを打たれちゃった日にゃ、何だかサボり難いものがあります。で、今年は早々に義務を果たして(?)、やれやれてなもんです。

サーキットに力を入れて通ってた頃は年賀状用のネタ撮りにも一所懸命でしたが、ここ何年かはもう必死。枯れそうな井戸の底を覗くようなものです。毎年皆さんからいただく年賀状がやっぱり楽しみで、それを楽しませていただく分、こちらとしても手を抜けない訳で。(届いた人は”これが手抜きなしなのか?”と言う突っ込みはしないでね)

それにしても、デジカメ&お家プリントにしてからは財布に優しくて、もう大助かり。写真屋さんにポジを持ち込んで、原稿起こしてた頃は福澤先生が元気よく飛び出てかれたものでした。
その分いただかれた方達の感想はいかがなものでしょう。今でもポジ原稿の年賀状を送って下さる方が何名かいらっしゃいますが、あのハガキの厚みは、ノーマルなハガキと比べると、荘厳ささえ感じられます。

嗚呼、でももう銀塩には戻れない、戻らない。
他人の手を介さず、撮影からプリントまで自己完結できる今こそ理想としていたMy Photo Lifeだから。

ウーン・・・  何だか話がそれちゃったなあ。
[PR]
by hiroki147 | 2007-12-21 17:33 | 写真 | Comments(7)
Commented by ICHIRO at 2007-12-24 01:02 x
僕もマスターと全く同じ理由で銀塩に戻るつもりがありません
Commented by hiroki147 at 2007-12-24 09:22
ICHIROさんもそうでしたか。
デジカメも出た端は色がシャビシャビ(当地の方言で”薄い”と言う意味)で、とても使えたものではなかったですよね。
それが今では、デジタルの絵作りにこちらの目が慣らされたと言えるかもしれませんが、色もいじる事ができるし、失敗も事前にチェックできるし、もう充分満足です。技術の進歩は全く素晴らしい。
ただ、ピントがシビアなのは近眼&老眼持ちにはちょっと厳しいです。

そうそう、遅れましたが、今月はカメラ誌に出まくりで、おめでとうございます。
Commented by 佐々木 豊 at 2007-12-27 21:51 x
銀塩の時の年賀状も2種類ありましたよね。
ダイレクトプリント系とデジタルを一旦起こすレーザープリント系。
一度レーザープリント系で試し刷りをしたのですが、
その仕上がりに納得できずダイレクトプリントを頼んだことがありました。
私も数年前からデジタルなので、自分でプリントしています。デジタルになってからの利点は、出す方によって写真を変えられると言うことです。
子供用の写真にしたり、風景にしたり等々。そのセレクトも又楽しかったり。
ただインクジェット写真用紙の質が去年より落ちていて、印刷の色調が全く違います。
民営化で紙質を安くしたようなことを聞いたことがあります。
今年は難儀しました。失敗が30枚以上!

あっhiroki147さんの住所、前のままで出してしまいました...
Commented by hiroki147 at 2007-12-29 19:31
失敗が30枚以上! 
1500円じゃん。ウーン・・・凄い。
これが佐々木君の? と思われちゃうのが許せないんだね。さすがだ。
僕なんか今年はちょっと黄色みが足されて、色目がモニターで見た感じよりいい感じじゃんリーチ一発ツモでした。ただ、解像度がスポイルされていたのはペケでしたが・・・。

住所は僕も途中まで全く気づかず、佐々木君のも多分旧住所で出してしまったと思いますから、気にしないでください。
Commented by 佐々木 豊 at 2007-12-29 19:45 x
いやいや~
かなり違った色になっていたので、調整が大変でした。
まあ数円出せば新品のはがきに換えてくれるので。
旧住所でも届きますかね~?
Commented by hiroki147 at 2007-12-30 16:14
インクジェットはがき用のテストプリント用紙があればいいのにと常々思います。民営になったんだから2〜30枚に1枚くらいそんな用紙サービスしてくれないかな。
旧住所でもOKです。佐々木君の年賀状は毎年楽しみにさせてもらってます。
Commented by 佐々木 豊 at 2007-12-30 22:15 x
hiroki147さん
そうですよね~。前は何枚かもらった記憶があります。
もっと質の良い紙を使用して欲しいものです。
hiroki147さんの力作も期待しています!
<< 年越しそば 免停解除 >>