贅沢な悩み




f0049142_19581430.jpg
                              何年もプリンターを染料タイプと顔料タイプを使い分けてきました。
                              色鮮やかなカットは染料機と超光沢紙で。しっとりとした落ち着きのある色合いのものやモノクロは顔料機でという感じで。
                              それが1年ほど前にMacのOSを新しいものにしたら染料機が使用できなくなり(そりゃあそうだ、10年以上前から使っているから)、 
                              それ以降はずっと顔料機のみでプリントしていたのですが、どうも思ったような印刷結果が得られなくて、少し悶々としておりました。

                              先日、フォトコンテストの入賞常連の方が顔料機で超光沢紙を使用されているのを知り、じゃ僕も試しにと思って超光沢紙にプリントしてみたら、
                              思いの外好結果となりまして、こりゃあ使えるなとニンマリ。でもまだ満点ではなく、となるとモッコリ染料機再登板欲望が盛り上がってきまして・・・

                              ちょっと調べてみたら最近のプリンターは機能満載なのに、図体が随分コンパクトになって、メーカーも頑張っているんだなあと思った次第。

                              でも、2台持ちはやっぱり贅沢ですなあ(^-^;





.    

[PR]
by hiroki147 | 2017-04-06 19:13 | 写真 | Comments(6)
Commented by おおつか at 2017-04-06 20:50 x
私も顔料機に変えて、悶々としていました。
新しいのを探し中です。
プリンターには悩まされ続けています。
Commented by hiroki147 at 2017-04-07 18:05
> おおつかさん
 
そうですか!
同病相憐れむですなあ。
Commented by aLIVE_PHOTO at 2017-04-11 07:22
写真をやるものにとって、マスターの環境はプリンター云々よりも…

常にモデルさんが長年一緒にいらして、お二人でずっと同じ目的意識で撮影をされていて、ご理解があることが一番ですよ♪
世の旦那さんは、まず奥様に写真の趣味を理解も協力もされずに冷ややかな顔をされているお宅が殆どだと思いますからね(笑)。

旦那さんの高い買い物だけは、どこも白い目をされるのは変わらないでしょうが…(爆)
Commented by okada at 2017-04-11 11:06 x
写真をしてますとプリントの悩みはつきません。
私も今は顔料ですが、これになれてしまって以前の染料での印刷がうまくできなくなってしまいました。
ちなみに、週末東京に出かけてきました。
フォトコン編集部と写真集の打ち合わせがありましたが、いいタイミングで友人がピクトリコのグランプリを受賞したので一緒に出かけることとなったのです(和歌山から車で…)
ピクトリコの授賞式は、部外者でしたがドサクサに紛れて懇親会まで…
話は横道にそれましたが、受賞作品のプリントがなんと言ってもよかったです
用紙もたくさんの種類が使用されていてなかなか勉強になりました
Commented by hiroki147 at 2017-04-11 20:02
> aLIVE_PHOTOさん
 
ええ、その点だけは恵まれているとは思います。
がっ!これでも色々と悩みはあるんですよ(^-^;

カメラの機材をそこそこわかっているので、木を隠すのは森の中とはいかないんですよ(笑)
Commented by hiroki147 at 2017-04-11 20:06
> okadaさん

そうですか!今度写真集を出されるんですか!
それはおめでとうございます!(^-^)

僕もいつかは出したいなと思っているのですが、資金面や出した後の在庫管理など色々噂に聞くものですから・・・(^-^;

おっと!その前に中身が問題でした(爆)
<< やっと(^-^) これが弱点なんだよなあ(^-^; >>