土佐の旅 清流編





                      高知で清流と言えば、皆さんご存じ四万十川ですねえ。
                      地元の方に寄ればに淀川の方が美しいらしいのですが、それでも一度は行ってみたいと思いまして。
                      仁淀ブルーはまたの機会に・・・
 
                      四万十川はこの日はとても穏やかな流れでした。
f0049142_19255470.jpg

                      その四万十川も時には暴れるようでして・・・
f0049142_19282251.jpg
                       やはり自然は恐ろしいです。
                       しかし先人の知恵は素晴らしいです。こんな流れになっても橋脚は流されぬように・・・

                       はい!水の流れに極力逆らわぬようにした沈下橋です。
f0049142_19351087.jpg
                       四万十川の沈下橋で一番長い佐田の沈下橋に行きました。
f0049142_19322560.jpg
                         滞在中何台もの車が通りました。橋上にいくら人がいてもおかまいなし。
                         結構な速度ですぐ横を走ってくれました(^-^
                         もし、対向する車が同時に橋の上を走り始めたらどうなるんでしょ。
                         すれ違い困難な山道と同様の力関係が発生するのでしょうか?
                         
                         訪れた沈下橋はここ1ヶ所のみでした。再訪時には更に上流にある沈下橋にも行きたいものです。
                         マイカーで渡るのは無理ですが(笑)


  
                           さて、川と来れば、次は忠臣蔵でおなじみの山ですねえ。

                           明日は「ちょっとだけ越境しちゃったよ」の巻だあ!    




                             


.                       

[PR]
by hiroki147 | 2016-10-19 19:57 | 写真 | Comments(2)
Commented by Kaerigumo at 2016-10-19 20:31
雄大でのんびりした雰囲気ですね、北海道とは違った
大きさを感じます。
心配性の私には、この橋を車で通ることはできません。

・・・マスターって洒落が好きでした?・・・
最後にクッスと笑える落ちが好きです。(^_^
Commented by hiroki147 at 2016-10-20 19:00
> Kaerigumoさん
高所恐怖症にもかかわらず、これくらいの高さは平気なんです。
対向車さえ来なけりゃ渡れるかもしれないと、今は思えます(^-^;
一体どうなっているんでしょうねえ。
<< 土佐の旅 雄大な景色編 土佐の旅 波の芸術編 >>