影のある写真を撮るには・・・




         影のある写真と言えば、モノクロでしょうねえ。
f0049142_903013.jpg

         
         秋冬になりますと、何故かモノクロ写真が撮りたくなります。それは影の存在が大きいからに他ありませんが、
         実はこの冬はあまり撮っていないんです、モノクロ写真を。
         
         考えられる原因はいくつか思いつくのですが、以前ココに書きましたけど、今は28mm(相当)がマイ・ブーム(これって死語?)なんです。

         先日の大須節分スナップの時も、21mm・35mm・50mm(それぞれ相当)を使用しましたが、どうも今の自分の感覚と違うなと。
         だから、この冬はモノクロが撮れていないんだと(かなり強引?)
         ウーーン・・・やっぱり28mmがいるぞこれは、となっているんです。

         自分で言うのも何ですが、28mmレンズが必要なんだという理由付けを、無理やりモノクロ写真をダシにこじつけている感が溢れていますなあ(^-^;

         それじゃあ、その気に入っているツァイスの28mmでいいじゃないかと言われちゃうと、
         これがちょっと大きい。スナップには重い。バッグの中で嵩張る。(って、誰に向かって発信しているんだ?)

         正月早々抱えた煩悩にまだ悶えております。
         逸る思いを抑えきれずに飛びついて後悔したこと数知れず。X-70の実機を見てから決めたいのですが、
         そろそろ何処かの量販店に並んでいないでしょうかねえ。

         熟成されているだろうGRⅡか、扱いになれているFUJI機か。

                  もう少々悩み&楽しむことにします。
[PR]
by hiroki147 | 2016-02-07 09:43 | カメラ | Comments(12)
Commented by korekazu at 2016-02-07 09:53
フジのモデルは明らかにGRを意識していますね。
私はRICOH派ですが、どっちにするか悩ましいけれど、楽しい迷いですね。
Commented by y.harada at 2016-02-07 11:55 x
私には28mmは微妙なんですね。誰だか忘れましたが「28mmは、人をとるときは(一歩)近づきたくなる。遠景を撮るときは(一歩)下がりたくなる」と言った人がいます。
まさに私の距離感ではこれになるんですよ…(笑)
だから、扱いが難しく、結局、あらかじめ素早く撮る為に24mmか50mmくらいを選んでしまうんです。(一眼レフでは24-70mmを良く使います)
で、プライベートではMX-1で撮影します。これが28mm端で悩ましい。良いカメラなんですが…28mmに慣れるしかないんでしょう。
ちなみにMX-1、ちょいと手を加える予定です。
液晶が反射で見えない時があるので、ちょっと改造してニコンの外付ファインダー(28mm)をつける予定です。(部品取り寄せ中)
28mmの感覚に慣れるようにしたいなあ〜
Commented by xenotar at 2016-02-07 13:32
こんにちは。日照時間の短い冬場は、斜光線と相まって影の撮りやすい季節ですね。リコーGRシリーズは、デジタルになってから初代、3代目、4代目そして受光素子が大型化されたGRと使ってきましたが、GRのJPEG画像って、意外にも線が太くて期待したような写りでないのですね。GRIIも借りて使いましたが、改善されていないようです。何か無理したようなそんな写りなんです。まだ素子の小さなGRIVの方がましです。マクロも思い切り寄れますしね。RAWはまだ撮ったことはありませんが、どうなんでしょう。
Commented by hiroki147 at 2016-02-07 15:10
korekazuさん、いつも素敵なお写真拝見していますよ。
モノクロのハイコントラスで、いいなあ。こんな写真撮りたい!って
いつも思っているんです。
だからGRがちっとも頭から離れない(^-^;
Commented by hiroki147 at 2016-02-07 15:15
y.haradaさん、おお!そうですか。真鍮のMX-1ですな(ニヤリ)
いやあ、何も28mmに慣れなくてもいいのでは。24mmで行けると言うのは
実に羨ましいです。僕はもうすっかり20mm派から28mm派になってしまいました(^-^;
で、地金は?(^-^)
Commented by hiroki147 at 2016-02-07 15:30
xenotarさんは筋金入りのGR使いでいらっしゃったんですね。
そうですか、線が太い・・・
Ⅱになってからはホワイトバランスの色調が変わったらしいのは
わかっていたのですが。
GRではハイコントラスト・モノクロと銀残しが気になっていましてねえ。
どちらもRAWで撮って、後からそれなりに加工ができるのでしょうが、
僕はスナップはJPEG派なものですから(^-^;
Commented by y.harada at 2016-02-07 18:47 x
残念ながら地金の金が目立つ黒じゃないんですよ(^^ゞシルバーにしたんです。禿げたらどんな感じになるんだろう?w
最初はJpegでしたが、すぐにRAWで撮影に変更、処理はシルキーでプロビア風を基本として処理してます。
MX-1は28mmでしょ、やっぱ28mmを身体に憶えさせたいんですが。
なぜ24mmなのか...ピットやグリッドで17mmレンズのAPS-H(22mm)で10数年も撮影していると距離感ができ上がっちゃうというわけです。
28mmを躊躇無く使いこなせる人が羨ましいです。
Commented by hiroki147 at 2016-02-08 05:20
y.haradaさん、おはようございます!
シルバーも角からゴールドが顔を出したら、それはそれでカッコイイですねえ。
使い込まれた美しさはやっぱりいいです。
でも、デジカメは使い込む前に機能的に持ちこたえられないかも(^-^;
21mm→28mmはあと10年もしたら、否応なく使えるようになりますよ(笑)
逆に今21mmが使える人が羨ましいです。
Commented by aLIVE_PHOTO at 2016-02-08 09:13
影のある写真を撮るには…影のある“男”にならないと。。。

日向と影、人生も表裏一体、見えない部分に光を当てるには…影の部分を知る男にならないと!
モノクロでスナップをするなら、本気で飛び込め!何も考えるな、トラブルは気にするよりも起きてから考えろ!!

昔、写真学校のゼミで某モノクロスナップの巨匠と言われる方の授業を受けた際、言われた言葉でした。
今の時代では難しい面も多々ありますが(笑)、今でも気持ちはこうじゃないと撮れない気もします。

だから、僕には本気でのモノクロスナップは撮れない小心者と自負してます(苦笑)。
個人的には、マスターにGR2を使ってみて欲しいなぁと思うんですけどね。。。^^
Commented by hiroki147 at 2016-02-08 19:03
alive_photoさん、その巨匠の方は恐らくM山D道さんかなと(^-^;
僕にはトラブルが起きてからの対処方法は考えられません。
起きた時の事を先に考えてしまいます。
もう禅の境地ですよね。
僕にもその先生のようなパワーが欲しいです。
Commented by y.harada at 2016-02-08 21:50 x
えーーっと、MX-1(kai)、こんな感じですw。
シューは手元にあった厚手の両面テープで付けるという大ざっぱな事しています(^^ゞ
28mmで使う限りは良い感じです。
あっ、それから、こいつはスマホで適当撮っているので、ライティングとか突っ込みは無しでお願いします(^^ゞ
http://webgpe.com/MX1.jpg
Commented by hiroki147 at 2016-02-09 21:03
y.haradaさん、拝見しましたよ(^-^)
白いのも良い感じに仕上がってますね。
我々はやっぱりカメラは覗きたいですよねえ(笑)
<< 与えられたもので満足か? 昨日の続き >>