やっと・・・

   



f0049142_16442553.jpg


        朝晩いくらか涼しくなってきたような気がします。

        日中は相変わらずですが(^-^;

        8月の終りから9月にかけて、時に驚くような夕焼けが出現するように思います。
        どんな具合でそうなるのかは、無知な自分には全くわかりませんが。

        写真を始めたばかりの頃は、よく琵琶湖の東岸に行ったものです。
        日が沈む前からもう三脚の羅列が凄くて、それを見ただけで撮影意欲が萎えました。
        それでも美しい夕焼け小焼けに出合えると、ああ、来て良かったなあと♫

        デジカメですとその場で確認できますし、気に入ったカットは後からチョコチョコと更に加工ができますが、
        その頃はフィルムでしたから、まあ露出に悩みましたねえ。AEBで何枚も撮って。      
        そして現像が上る前のワクワク感。そして上手く撮れた時の“撮ったぞ!”という感動は、今の何倍もありましたね。
        そのせいか、デジタルは“撮らされている感”が少しだけ僕にはあります。   

        それでも手軽に撮れるデジタルは、やはり便利です。

        昨日の夕陽も見事だったのですが、生憎カメラを持っていませんでした。
        人生こんなもんです(笑)  


     
[PR]
by hiroki147 | 2015-08-15 17:00 | 季節 | Comments(4)
Commented by higurashi-x at 2015-08-15 21:16
この頃フィルムも使ってみたいと思うようになりましたが、
今のところ思うだけで済んでいます。

それぞれに真実はあるのでしょうが、「ワクワク感」や「感動」を失わないで
続けられる道を探したいです。
Commented by hiroki147 at 2015-08-16 10:35
higurashi-xさん、おはようございます!
個人的にはフィルムは24mm×36mmのサイズは、もう存在価値が
あまりないかなと思います。
あるとしたら、それはただ趣味の世界だけでしょうか。

それぞれの感情は、それはもうマンネリとの闘いでしょうねえ。
ま、フィルムもデジタルもそれは同じですけどね(^-^;
マンネリ対策として両方使うというのもありかな(笑)
Commented by bokunoportfolio2 at 2015-08-16 12:05
琵琶湖、東岸
ボクもそこで1度、凄い夕焼けに出会いまして
また行きたいなぁ、と切望しつつも
あそこまで行って、もし空が焼けなかったら、と考えると…
それ以後、もう10年余りが経過しましたが、未だに行けてません(^^;
Commented by hiroki147 at 2015-08-16 15:38
bokunoportfolio2さんもあのあたりに行かれましたか(^-^)
凄く焼ける時があるんですよねえ。
うまく出合えなくても、風景写真を撮られる方は粘り強く行かれますけど、
僕もbokunoportfolio2さんと同じです(笑)
<< 往く夏 国産に限る! >>