写真展五ヶ所三昧♪


 
       今回の横浜・東京行きは、6ヶ所の写真展を見る事が目的でした。
       本当はもうちょっと早く行きたかったのですが、なにしろ寒いのが苦手でして(^-^;

       先ずは横浜美術館のキャパとゲルダ・タロー
f0049142_1012366.jpg

       キャパの写真は今まで何ヶ所かで見た事ありましたが、彼の恋人であったゲルダ・タローのは
       今回初めてでありました。
       初の女性戦争写真家らしいのですが、いやあ写真の中身は完全にタローの勝ちです。
       キャパとは踏み込みが違います。死体にもドンドン迫っており、正に迫力の二文字。
       ローライの二眼レフでよくあそこまで迫れるものだと感心しました。
       二人とも戦争写真家という肩書きでありますが、見応えがあったのは戦闘シーンより
       人物を捉えたスナップ写真の方でした。
       特にタローの方は長生きをされたら、どんな“いい写真”を撮られただろうと思うと、     
       残念であります。

       2つ目は
f0049142_9395891.jpg
  
       ヌードであります(^-^;
       我が家はモデルさんもこの手の写真には理解があるので、見に行きやすいです(笑)
       ここはどちらかと言うと、時間調整も含めた補完的な意味合いの強かったギャラリーでしたが、
       いやあ意外にこういう時ほど“いい写真”に出会えるものです。美しい写真はやはりいいです。
       東京にはこういうギャラリーが五万とあるので実に羨ましいです。 

       3つ目は
       Ryoko Yamashita「HOME SENSE」
       御苗場で評価の高かった方の写真展。ここはちょっと世代間格差を感じさせられました。

       4つ目は
f0049142_10219100.jpg

       Light in Monochrome
       雑誌等の評価の高いライカ・モノクローム。これのプリントを見たいなあと思って。
       実機はとても買えませんから、せめてプリントだけでもと(^-^;
       素晴らしいです。あのトーンの深さ、緻密な描写。やっぱりライカは凄いです。値段も凄いですが。 
       35mmフルサイズ+50mmF2.0しかもモノクロ専用で140万円超って(^-^;

       夢みたいな話は置いといて、5つ目です。
f0049142_1073120.jpg

       都写美であります。
       失礼ながらこの方の名前は存じ上げませんでした。
       何でも世界一ギャラの高いファッション・フォトグラファーだったそうで。(またお金の話?^-^;)
       いやあ、驚きました。ジャンルー・シーフよりも早く影を取り込んだカットを撮っている
       カメラマンがいたとは!
       他にも多重やらライティングやらを凝りに凝ったカットが何枚もあって。今ならPCでチョイチョイと
       できることを、1950年に大判カメラを使ってそれらを表現されていて。
       スタジオ・ファッション系の写真て、この頃にもうピークが来ていたのかなと思うほどでした。
       この写真展は見応えありましたねえ。  

                 今回の関東行きもたっぷりと眼福にあずかりました(*^o^*)


                 *6ヶ所が5ヶ所になったのはちょっとした僕のミスです(^-^; 
[PR]
by hiroki147 | 2013-03-09 10:28 | 写真 | Comments(10)
Commented by y.harada at 2013-03-09 17:35 x
例の崩れ落ちる戦士の写真はタローの作品という説もあるそうですね。
しかも、あれは滑り転んだ瞬間という説まで...
真実は今となってはわかりませんが。
ちなみにタローは岡本太郎氏の太郎からとったそうで。(その説明、会場であったかもしれませんが)
最近、沢田教一氏(沢田サタ著)の本の写真をさらり見たのですが、
戦場の空気に馴染む馴染まないとかは別にして、
わけのわからないゾクゾク感を感じてしまいます。
そこに写っている「こと」より、空気に刺激を受けてしまうようです。
それと最近GT300クラスの輸入車(Z4やアストン・マーチン等)のラインに魅かれますね。
そこにヌードと共通するラインの美しさを見ます。。。
Commented by hiroki147 at 2013-03-09 19:36
沢木耕太郎さんが少し前にETVの日曜美術館で説明されてましたね。
残されたネガから考察されていて、全く信憑するに足る内容でした。
その時点で僕は沢木説の信者になりました(^-^)
タローの件は会場に掲載されていました。それが今回一番印象に残った事でした(^-^;
おっしゃる通り、輸入車ってどうしてあんなに美しいんでしょ。
CADは当然使っているんでしょうに(^-^;
Commented by J2 at 2013-03-09 21:56 x
写真展いいですね。
私も見てましたよ。
沢木耕太郎さんが出演した番組と日曜美術館。
それとファッション通信でエドワードスタイケンの写真展のことをやっていたし、日曜美術館のアートシーンでも紹介されてましたね。
こちらは見に行かれました?

誰かが言ってましたがハーパース・バザーやヴォーグを全巻収集すれば現在のファッションのすべてが分ると・・
それと同じである意味ではこの時代までで写真のほとんどがやりつくされてしまったのではないかとも言われてますね。
Commented by hiroki147 at 2013-03-10 16:10
J2さんも御覧になりましたか(^-^)
エドワード・スタイケンは場所が世田谷美術館で、車でしたら用賀から
すぐなので絶対行ったのですが、今回はJRでしたからちょっと不便
でしたので行けませんでした。
Commented by たかぎ at 2013-03-14 06:10 x
いいですね
関東まで足を延ばすというのは、むずかしいですが
私もこの週末に大阪の彩珈桜ギャラリーで開催されている
ポートレート展へいって良いザワザワ感をもらってこようと
思ってます、近所の商店街にある有名なラーメン屋さんでの
昼食も目的の一つです(笑)
Commented by alive-Noguchi at 2013-03-14 19:37
写真展に足を運ぶのは、ここ最近はずっとご無沙汰だったのですが…

去年の末に東京でやられていた『篠山紀信・写真力』を観に行きました。
昔に雑誌等で見たものも多かったのですが、目の前でプリントされた物を見せられるのは、やっぱり違いますよね。

昔受けた衝撃が、忘れ去られた引出しの奥から出て来た様な、まだ自分にもこんな気持ちやワクワク感があったんだと、嬉しい気持ちにさせてくれた写真展になりました。

いつも定期的にこんな刺激を受けられるからこそ、素敵なお写真で居られるんでしょうね。
写真は楽しい、こんな初歩の感覚を改めて感じながら、今撮影しています(笑)。
Commented by hiroki147 at 2013-03-14 20:02
たかぎさん、そうですよね、やっぱり写真展だけではねえ(^-^)
スケジュールをギュッと詰めたがる日本人らしさはいいと思います!
楽しんできて下さい!♪
Commented by hiroki147 at 2013-03-14 21:20
alive-Noguchiさんも篠山紀信さんのに行かれましたか!
やっぱり雑誌等とは違いましたね。迫力も凄かったです。
僕の趣味(道楽かも)の写真と、alive-Noguchiさんのお仕事では
その動機付けは全く違いますが、僕は最近ちょっとスランプ気味でして、
刺激が欲しいなと今回の写真展に出掛けてきた訳なんです(^-^;
僕が言うのもおこがましいのですが、お仕事楽しんでください!(^-^)
Commented by ハリー at 2013-03-17 01:07 x
キャパとゲルダは日曜美術館で「2人のキャパ」と言う題で放送してましたね。若くして戦死した彼女が生きていたらと思うのは日本人的でしょうか。
2人とも素晴らしいですね。
Commented by hiroki147 at 2013-03-17 07:04
ハリーさんも日曜美術館御覧になりましたか♪
ゲルダあってのキャパだったかなと思います。
<< ちょっとスナップ♪ 気まぐれに横浜(^-^) >>