写真展二つ


       今日はとっても素晴らしい写真展を二つも見る事が出来ました♪


       東京と違って、写真展の本当に少ない名古屋でこんなに見応えのある写真展が二つも重なることなんて
       滅多にありませんから、こりゃあもう盆正月です(ちょっと大げさ)


       一つ目は・・・
f0049142_209215.jpg

       キヤノン・ギャラリーで催されているスポーツ写真の草分け的存在の水谷章人さん。

       最近はもう御子息達に後進を譲られて、地元の長野の風景を撮られているとばかり思っていましたが、
       まだまだ引退はせんぞ!とばかりに、見事なモノクロのスキー写真の数々を展示されていました。

       会場に入った途端、息を飲むような迫力とプリントの美しさに我を忘れて見入ってしまいました。
       こんな素晴らしい写真展はここ何年も見ていませんでした。

       雪煙を伴って逆光に浮かび上がるスキーヤーの躍動感たっぷりのシルエットの迫力。
       銀色に光る雪面に描かれるシュプールのラインの美しさ。これらはもうスポーツ写真の域を超えています。
       
       今でも思い出すとため息が出ます。
       今月26日迄の期間中に、もう一度絶対に見に行きます。


       さて、もう一つの写真展は・・・
f0049142_20301194.jpg

       アマチュア・ポートレート写真界の雄、神谷則明さんの写真展です。

        〜30年の軌跡〜 と銘打たれています。

       ポートレート写真を志している人で彼の名前を知らない人はいないでしょう。
       いたとしたらその人の腕は大した事ないし、勉強不足です。

       ご本人から伺うと、始まりは高校生の時に同級生の子を撮ったことだとか。爾来30年。
       その間の膨大な作品が殆どご自身の手でプリントアウトされて展示されてました。
       枚数もさる事ながら、プリントの見事さにも目を奪われました。
       しかし、一番目を奪われたのはその引出しの豊富さ。一体どんだけ奥の手を持っているの?と
       言いたくなるくらいヴァリーエーションが豊かで、ただの1枚も冗漫なものはありませんでした。
       半端なプロは足下にも及びません。

       それにしてもバリ島での1週間。どんなに濃密な事だったかがよーくわかる内容で、彼の力の
       入れ具合が展示枚数の多さからも伺えます。

       ゆっくりと拝見した後で、ホントにポートレートが好きなんだなと自然と口から出たのが
       正直な感想です。


 
         お二人のとても素晴らしい作品の数々のおかげで、今夜は素敵な夢が見られそうです♪





     
    
[PR]
by hiroki147 | 2011-01-15 20:47 | 写真 | Comments(4)
Commented by HAZET-LIFE at 2011-01-15 22:00
ステキな写真展に行かれたんですね(^^)

やはり、写真はプリントされたものをみないと、ですね♪

それで、hirokiさんの写真展はいつですか~?

楽しみにしていますよ~♪
Commented by hiroki147 at 2011-01-16 20:16
HAZET-LIFEさん、全くおっしゃる通りで、写真はプリントしてやっと
帰結するものだと思います。
昨今のwebで・・・というのは確かに環境問題等からも言下に否定は
できませんが、各々のモニターによって見え方が変わりますからねえ(^-^;

え?僕の写真展ですか?
それは考えた事もありません(汗
Commented by きくち at 2011-01-17 23:54 x
私が始めて神谷さんの名前を目にしたのはネットが
普及し始めてからなのですが(それでも10年近いですが
その当時ですら、何名もの方をサポートされていたりしたのを
伺っていました。
ポートレートで人と人を繋げていく事は、本当に難しい場面も
沢山あるのを承知してましたの、それをされていた方として
写真云々も含めて、活動自体が素晴らしい方と思います。

写真展、大阪でもしてくれないかな・・・
Commented by hiroki147 at 2011-01-18 19:33
きくちさん、今晩は!(^-^)
神谷さんの人当たりの良さは、初めてお会いした時にすぐによくわかりました。
人脈がまともではありません。あの人柄があっての事だと思います。
遅きに失してますが、見習いたいものです。
<<      雪の明治村        初散歩♫ >>