恐るべし評価測光?


        昨日、毎年出かけてる豊田市民芸館へ行ってきました。
        ここはいつ行っても静かで落ち着けます。敷地内の観桜亭でお茶もいただけますし・・・
f0049142_9522511.jpg


        こんな歴史的保存洋館もあります。
f0049142_9531924.jpg


        「ここは全館無料です!」と途中で出会った管理者と思しき方がおっしゃってました。
        そうです!そこが(も?)いいんです!!
 

            お茶はお菓子付きで¥300です。
        




 



        静かで落ち着く事以外にここへ毎年来る理由の一つにここの新緑があります。
        
        ここの以外にも新緑はとても目に優しくて大好きなんです。
        で、そのついでに(?)ちょっとだけ撮影をして・・・


         
        それを帰って現像したら、連続して撮っているカットの中に何だか露出がばらけてるカットが散見されます。

        こんな感じで…
f0049142_105384.jpg
f0049142_1055112.jpg


        明るい方はf2.0で1/400です。これの次に撮ったカットはf2.0の1/800なんです。
        きっちり1段アンダーになってます。
        測光は評価測光で、絞り優先で撮影です。
        
        2枚のカットの明確な差と言ったら白い服の位置ぐらい。左右に少しずれただけ1段も変わってくれちゃうと
        今迄あまり破綻無く使えて、それなりに信頼していた評価測光が使いにくいなと考えてしまいます。

        一体どうしちゃったんだろ。  



        デジタルにしてからは、取りあえず1カット撮ってヒストグラムで調整する方法をとってます。
        銀塩の頃はきちんと露出計を使ってたのですが、デジタルと僕の持っている露出計では
        何だか微妙な差があって、以来殆ど上記の方法でした。たまにスポットを使うこともありますが・・・

        1/3くらい変わる事はありましたが、1段も違うとこれはちょっと問題です。
        このあと3カット同じ1/800が続きますが、そのあとはまた1/400に戻ります。

        ピントに気が行っていてファインダー内の表示に気づかずでした。

        

        安易に絞り優先で撮ってきたつけが回ってきたのでしょうかねえ。 
        それともカメラ本体の・・・

        何しろ次回は要注意です。
        
        





               
  
f0049142_10355173.jpg

[PR]
by hiroki147 | 2009-05-04 10:36 | 写真 | Comments(6)
Commented by 湯呑み at 2009-05-04 21:17 x
ピントの合ってるところが顔か手かの違いもあるようですが?
なにか影響するんでしょうかね?でも1段の差は大きいですね。
Commented by hiroki147 at 2009-05-05 06:49
そうですね、それも考えたのですが…
連休が終わったら、キヤノンのSCに問い合わせてみようかなと思ってます。
Commented by y.harada at 2009-05-05 17:01 x
キヤノンの評価測光は...曖昧な記憶ですが、35分割で測距ポイント連動でその周辺を含めて露出を決めるはずです。
測距ポイント(つまりピントを合わせたいところ)の露出が重要なので、そのポイントから極端に輝度が違うものは省いたりと。
最初の写真は顔に、次はタンポポや服の付近と考えれば...顔より明るい服のところは絞られる(シャッター速度が速くなる)ますよね。
ということのような気がします。

ただ...親指AFでピントを合わせた後にAFロック(つまりAFボタンを解除)したらどうなるんでしょうね(笑)測距ポイントをどこと判断するのでしょうか?
そう言うのを踏まえてテストすると面白そうです。
Commented by hiroki147 at 2009-05-05 19:57
やはりそう言う事なのでしょうかね。
ちゃんと取説を読まなきゃいけませんな。(書いてあるかな?)


Commented by きくち at 2009-05-06 13:20 x
こちらに直接お邪魔してみました。

露出の件、機械的な部分は分かりませんがユーザーとして
照度差が激しい時の露出激変は反対に使いづらく感じます。

もっと大雑把に計ってくれた方が嬉しい!と思うケースの方が
多いかもしれません。

未だにフィルム撮影なので時々、大外ししてガッカリしちゃいます^^;
Commented by hiroki147 at 2009-05-06 21:18
きくちさん、ようこそお越し下さいました。
いいですねえ“大雑把”。大好きな言葉です!
そうですよね、遊びが欲しいですよね。

デジタルになってからこの事以外にもピントにも悩まされてます。
ピントがもうシビアになっちゃって。これが今一番の悩みのタネかも。
ただ、デジタルはポジに比べて露出は後からいくらか救いの幅が残されてるので助かりますけど・・
本当は銀塩もデジも同じはずですが。

銀塩の頃、特にポジを使った時は現像上がりにどれだけドキドキさせられたことやら。

僕は懐の問題で早々にデジに移行させられましたが。

今思うと、銀塩の頃はもっと真摯に写真に向かってたと思います。
今回の件を契機に、大いに反省しなければなりません。
<<     おいしいパンを求めて…       ちょっとボソボソ >>