〜鰻〜


       久しぶりのうなぎネタです。


       
       1年以上前からそのお店の存在と言うか名声は自分の所にも届いていたのですが、そのお店のある市が自分にとって
       不案内な土地でしたから、なかなか腰が上がらず、やっとその気になって出かけてみたのですが、
       定休日も確認せずに出かけるものだから、見事にアウト。
       普通のクジは滅多に当たらないのですが、こう言うのは不思議とよく当たるんです。

       で、今回出直してみました。

      
       愛知県は刈谷市にある“やま平”。 
       
f0049142_166588.jpg


       張り切って出たものだから、早過ぎました。


       お店は旧家の佇まいがあります。
      
       最初二階に案内されたのですが、旧家には当然の座敷で、胡座のかけない自分には辛いなと思っていたところ、
       階下は掘りごたつ風だとか。
       それならばと変更をお願いしたら、若女将さんと思しき風情の方の対応の素晴らしいこと。
       嫌な顔をされないのは当然としても、にこやかに「どうぞ、どうぞ。座りやすいですものねえ」と気持ちよく応対してもらえて、
       とても気持ちよかったです。
       
       わざわざ二階までお茶とおしぼりを持ってきてもらったのに申し訳ない事をしました。


       待つ事15分。
       やってきましたうなぎ丼。 

       
f0049142_16175323.jpg

       アチャーッ!! ブレてる。待ちきれなかったからと言う事にしておいてください。


       丼のふたを開けると、いつも食べてるうなぎ丼の香りと少し違います。醤油の存在が強く感じられます。
       丼は熱くてとても手持ちができません。熱いものは熱くですから、こうでなくっちゃ。
       味は久しぶりの関東風とでも言いましょうか、とても上品な焼きと味加減。
       うなぎに“さっぱり”と言う表現は似つかわしくないかもしれせんが、名古屋風の甘ったるさは微塵もありません。
       炊きたてのご飯も柔らかすぎず絶妙でした。

       ただ、タレの量が僕にはちょっと多かった。そのせいか味も少しだけ塩味が強かった。
       再訪の折は少しタレを控えてもらいましょう。


       




 
[PR]
by hiroki147 | 2009-04-15 16:36 | | Comments(6)
Commented by hunau at 2009-04-16 11:55
いや~ほんとに、うなぎがお好きなんですねぇ~

とはいえ、つけ麺が大好きなひともいますしねぇ~
Commented by ICHIRO at 2009-04-16 20:09 x
おおぉ、ついにいらっしゃいましたか!

今度、いらっしゃるときはゼヒ、一声おかけくださいまし
万難を排して、はせ参じます

ぇ?呼んでないって?(^^;
Commented by hiroki147 at 2009-04-17 06:14
hunauさん。
うなぎねえ。こんなに食べるようになったのはここ2〜3年です。
と言っても隔月くらいでしょうか。

瀑走つけ麺君には足下にも及びません。
彼のコメントは見事ですから。
Commented by hiroki147 at 2009-04-17 06:20
ICHIROさん。
ついに行っちゃいましたよ。ここはかなり気に入りました。
再訪は間違いないです。

それにしても刈谷って縦長な市ですねえ。この後、北へ向かったら、途中で安城市に入ったと思ったらまた刈谷市の表示が・・・。
西三河のあたりは僕にとって迷宮です。
Commented at 2009-04-17 12:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiroki147 at 2009-04-18 21:22
mk2行かれましたか。いいですねえ。うらやましいです。
僕はもうちょっと今ので行きます。まだ3万ショットも撮ってないですから。

24-105は周辺光量落ちが目立つ以外は使えるレンズだと思います。
手ぶれ補正は有り難いし、焦点距離がスナップなど撮るにはそこそこカバーしてるし。
それに何と言ってもF4通しがいいです。絞り値が変化するのはどうにも・・・

小三元をテンパイしてるのですが、なかなか自模れません。(泣
<<      HDD戻るの巻        〜続桜三昧〜 >>