PIE2009


      日本カメラショーがなくなってもうどれくらいになるんだろう。
      今はPIEと名称を変えている。

      写真が第一次マイブームだった中学・高校の頃は、このショーで普段手にする事ができないメーカー各社のカメラに触れられることを毎年楽しみにしていた。
      買えもしないのに値段を聞いて、「やっぱりニコンは高い」などと偉そうなことを友と話したのもカメラショーの会場だった。
      会場内の撮影会で大人の中に混ざって写真を撮っていると、くりくり坊主頭の少年が(僕の事です)珍しいのか、
      モデルさんがやたらと目線をくれるんだけど、レンズ越しとは言え目が合うものだからもうどきどきしちゃって、
      結果はブレまくり。  



      そんなカメラ熱も周囲の大学受験の機運の高まりと共にもいつしか消え失せ、それから二十数年。
      三十代後半に患ったストレス性の病回復の手段として医師から何か趣味をと勧められ、思い出したのが写真であった。

      久しぶりに訪れたカメラショーは昔通った会場と同じデパートの催事場で、記憶の中のイメージと寸分変わっていないように感じ、
      それが何だか自分を待っていてくれたがごとく思われ、とても嬉しかったことを今でも忘れない。
         
      丁度その頃、世間はバブル崩壊直後で、その後カメラショーの会場が年々減って行き、最後は東京だけになってしまった。
      今では量販店の店頭には、各メーカーの主要機種が発売直後にもかかわらず並べられるので、1年365日カメラショーみたいなものだが、
      あの頃のワクワク感はない。贅沢なものだ。
      少しお預けを食らわせるくらいが丁度いいのに、各社がまあドンドコと新機種を出して来るものだから、それもワクワク感欠乏の一因かな。

      デジカメはこのままのペースで進んだら、いずれはメーカーも消費者も疲弊すると思うのだが・・・


      自分はお先に疲れちゃったので、もう新型に全然興味なし。操作性やら質感やらと言ったって、何とかは三日で慣れるの類い。
      それより2000万画素もあった方が困る。パソコンがついてゆけない。ブレやピンぼけが目立っちゃう。
      画質的にも今ので充分すぎるくらい。
      そう!動画はいらん。
      (5Dはゴミ取りとモニターは何とかならんかなとは思うが…)

      
      明るい暗室と自家プリントの良さを手に入れてしまったから、もう銀塩には戻らないかもしれないが、
      パソコン関連に置いて行かれそうになるのが弱る。
       
      デジカメってランニングコストが(あまり)かからないって聞いていたのにな。



      
      この28日から地方の高速道路通行料が¥1,000になるらしいから、何処かに行こうかなといろいろ調べていたらここに当たったんです。

      それで・・・















 

     



       



      
      
         
      
[PR]
by hiroki147 | 2009-03-11 21:25 | 写真 | Comments(2)
Commented by hunau at 2009-03-12 20:23
4月の第一週に富士スピードウエイでしょう~

私の5Dは12万ショットを超えていて、とっくに耐用数を超えてるそうで
いつシャッターが壊れても不思議じゃないそうです。
Commented by hiroki147 at 2009-03-13 06:28
今年はGT-Rのハンディもなくなったのでガチンコ勝負ですね。
SC430も速そうです。
富士ですかあ。もう随分行ってないなあ。新生になってからは一度も・・・

5Dのミラー落ちがまだなんて、そりゃあある種奇跡ってぇもんですよ。
しかも12万ショットって・・・
hunauさんのその5Dは博物館入りか?
<<        〜好日散歩〜 犬山編        春を探して… >>