師匠 いや 恩師かな?

 
 僕が第2次写真ライフを始められるきっかけを作って下さった方が
 今、名古屋の富士フイルムフォトサロンで教え子さん達と写真展を
 開かれているので、行ってきました。


f0049142_19311337.jpg



 GT-Rの写真が撮りたくて、家にあったニコンF-601と75−300mmのズームで出かけた鈴鹿サーキットで、
 頑張って撮っては見たものの、豆粒のようなGT-Rの写真ばかりでガッカリさせられたので、
 やはりちゃんとした道具が必要だなと思い、事前にメーカー各社のカタログでじっくりと研究をしてから、
 会社の近くにある名古屋ではよく名前の知られたカメラ屋さんに行き、ショウウインドウを眺めながら値段を聞きたいなと思っていたら、
 絶妙のタイミングで後ろから「何をお探しですか?」と声をかけてくれたのがその店の店長その人でした。


   その一言がきっかけで僕はズブズブと道楽の世界へはまって行きました・・・




 撮ってきた写真を添削してもらいながら、写真の基礎的な事の殆どをその人に教えてもらったと言っても間違いはないです。


 今はお店をやめられて、写真塾をされています。
 生憎、写真の方向性が違っているので、今は門下生ではないですが、いつか風景写真の道を歩き始めたら、
 またその門を叩こうかと思っています。


 会場でその当時、一緒に写真を撮っていた人達と久しぶりに会えてとても楽しかった。

 同好の士っていいですね。数年の隔たりがあっと言う間に埋まりました。
[PR]
by hiroki147 | 2009-01-26 20:01 | 写真 | Comments(0)
<<    常滑は動物王国? 有り難い >>