紙フェチ?

     昨年秋頃にキヤノンから発売された “キヤノン写真用紙・光沢 プロ「プラチナグレード」”です。

 

f0049142_1602531.jpg



     僕が愛用している染料機プリンターの雄Pro9000には、2009年1月中旬頃に対応予定のドライヴァー・アップデートまでこの用紙は使えないと言う事でしたので、
     店頭に並んでいるのを指をくわえながら眺めている日々でした。

     なかなかキヤノンからアップデートのアナウンスがないなと思いながら、何気なくキヤノンのサポート・ページを見たら、
     何と!年末にアップデートされているではありませんか!
 
     うっかりしてたのかなあ。

     で、早速紙フェチとしては手に入れなければなりません。CS4のお試し期間も今日迄ですし・・


     街へ出かけたついでに20枚入り¥1680で手に入れ、速攻でプリントしました。

     ライバルと目される富士の画彩Proと比較をしたのですが、ベースの色は従来のプロフォト・ペーパーは
     足下にも及ばないくらい白!。

     しかし、画彩Proはもっと白!!
     ウーン・・・白の抜けも画彩Proの方がいいです。コントラストも画彩Proの方がいいかな。ただ、黒の締まり具合は同等と見ました。

     次に光沢感。これも引き分けと見たい。だが、紙を横から眺めて平滑感を見たら、明らかに画彩Proの方が滑らか。
  
     価格は1枚あたりプラチナグレードが¥84で、画彩Proが¥79弱。

     今迄蓄積されたデータもありますから、僕は画彩Pro派かな。
[PR]
by hiroki147 | 2009-01-14 16:28 | 写真
<<      う〜ん???      ♪この〜木 何の木〜♪ >>